宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
オレ、おおきくなるのいや
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オレ、おおきくなるのいや

  • 絵本
著: デヴ・ペティ
イラスト: マイク・ボルト
訳: 小林 賢太郎
出版社: マイクロマガジン社 マイクロマガジン社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年04月19日
ISBN: 9784896378665

B4変版 / 書籍 / 32ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


【選定中】カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

出版社からの紹介

なんで おおきくならなきゃいけないの?
あしも のばせないし、
あたまも つっかえちゃうし、
かくれんぼだって まけちゃうし。

いいこと ないじゃん!


子カエルが大きくなりたくないと言い出した。
お父さんカエルにいろいろな理由を言いますが、
ホントのホントは別のことが心配だったのです。


『オレ、カエルやめるや』に続く、
カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長の物語。

ベストレビュー

ちょっと分かるかも

へりくつばかりいうカエルくんを見てると笑えました。こういう反論ができるようになってることこそ大きくなるってことだよな〜と思いつつ見ていました。
うちには小4と小1の息子がいますが、夏休みの宿題の量が、圧倒的に兄のほうが多いです。弟をみて「いいな〜宿題簡単だし少なくて」とブツブツ言っている兄です。
そういえば、私も子どものころに同じように、勉強大変になるし、授業時間も増えるし学年が上になってくの嫌だな〜と思っていたことがありました。
大きくなるのいやっていうカエルくんの気持ち、分からないでもないかな。
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デヴ・ペティさんのその他の作品

オレ、なんにもしたくない / オレ、カエルやめるや

小林 賢太郎さんのその他の作品

うるうのもり



『焼けあとのちかい』<br>半藤一利さん 塚本やすしさんインタビュー

オレ、おおきくなるのいや

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.46

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット