宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ねむりひめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねむりひめ

  • 絵本
作: グリム童話
絵: フェリクス・ホフマン
訳: 瀬田 貞二
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1963年10月
ISBN: 9784834000146

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

いばらの生い茂る城の塔に眠り続ける美しい王女。グリム童話の中でもっとも有名な昔語を、スイスの画家ホフマンが、考え抜いた構図と繊細なタッチですばらしい絵本に仕上げました。

ベストレビュー

飾っていても絵になる絵本

いろんな「ねむりひめ」の中からこの本を選んだのは、表紙の絵の美しさからでした。
中の挿絵もとても素敵で、物語の世界に引き込ませてくれます。

読み聞かせしたのは6歳の息子でしたので、王子様がお姫様を助けて結ばれるというラストには、あまり興味を持ちませんでした。
でも、怪しげな占いおんなや、お城を覆ってしまういばらなど、今まで読んだ本にない世界に興味を持った様子でした。

見えるところに置いておくだけで絵になる、素敵な絵本です。
(usaginohanaさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリム童話さんのその他の作品

(デジタル)ラプンツェル / (デジタル)はくちょうのおうじ / (デジタル)しろばらとべにばら / (デジタル)かえるのおうさま / (デジタル)おいしいおかゆ / (デジタル)ねむりのもりのひめ

フェリクス・ホフマンさんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / くまの皮をきた男 / グリムの昔話 赤ずきん / 福音館文庫 グリムの昔話1  / グリムの昔話3 文庫版 / グリムの昔話2 文庫版

瀬田 貞二さんのその他の作品

おなかのかわ / ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし / こどものとも 日本の昔話 うしかた と やまうば



>絵本エイド ―こころにひかりを―

ねむりひめ

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット