季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

森のあかちゃん

森のあかちゃん

  • 絵本
文: コゼッタ・ザノッティ
絵: ルチア・スクデーリ
訳: 佐藤 まどか
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年06月20日
ISBN: 9784776408871

4、5歳から
266×266mm 34ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

ちょっぴり奇妙で、愛情に満ちたおはなしです。

夜、ひかりが、ある星からおりてくるところから絵本ははじまります。
月があかるい夜ですから、ひかりも少し控えめなのか、ゆっくりおりてきて、森の木の枝々の間をゆらーりゆらり飛び跳ねて……。
そっと地面に何かを置いてすーっと消えていきます。

森のこみち29番地で待ち構えていた、お父さんとお母さんは喜びます。
「やっと、きたか!」
「あかちゃんがまちがえることはないわ」
「ぼくたちのあかちゃんだ。かいでごらん? ほしのかおりがするよ!」

そのあかちゃんは……水槽の中の小さな魚。
次へ頁をめくると、語り合っているのはクマの夫婦なのです。
まさか、クマが魚を子どもにするなんて!
おめでとうを言いにきた動物たちは驚きます。
「予想していたのとちがうな」とか、「いったいいつから、クマが魚を子どもに迎えるようになったのかね?」とか言って……。

でもクマ夫婦は、魚のあかちゃんから選ばれたことを疑わず、水槽を大事に抱いています。
そして夜明けにうちを出て、森の小径を歩いていくのです。
いったい、クマ夫婦と水槽のあかちゃんはどこに向かっているのでしょう……?

続きはぜひ絵本をご覧ください。
目の前にいるあかちゃんのために、クマ夫婦がとった行動に心を動かされます。

本書は、AHDS(アラン・ハーンドン・ダドリー症候群)という先天性の難病を抱えた子どもと、その両親がモデルになった絵本。
誰も彼ものいのちが、おのおの、かけがえのないもので、特別であることへの思いが込められています。

不機嫌にぶつぶつ言うふくろうをはじめ、優しげに感想を言ったり、ひそひそと噂をする森の動物たちは、いかにも真っ当で、なぜだかちょっと滑稽に感じられます。
でも、あかちゃんをあたりまえに受け止めるクマ夫婦の喜びと、どこかユーモラスな雰囲気が漂う中、森の動物たちもあたらしい家族に寄り添っていきます。
優しいいのちの絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

お月さまが明るい夜。森にすむクマ夫婦のところに、
まちのぞんでいたあかちゃんがやってきました。
そのあかちゃんは……なんと、さかな!
クマがさかなをこどもにするなんて! と、森の動物たちはとまどいます。

こどもは星からのおくりもの。クマ夫婦は、あかちゃんにとって
一番ふさわしい場所で暮らすことにしました。それは……


淡々とした語り口と、美しい色彩のイラストで、
わが子を自然のままに受けとめ、寄り添う姿をえがきます。
まわりの動物たちも、驚き、とまどいながらも
新しい仲間に寄り添っていきます。


AHDS(アラン・ハーンドン・ダドリー症候群)という
先天性の脳の難病をかかえたこどもと、その両親がモデルになった絵本。
だれもが大切にされ、ともに生きることへの願いがこめられています。

ベストレビュー

難病

読み進んでいるうちに、訳が分からなくなってきました。

後書きを読んで、この絵本のことを理解できた私でした。

養子縁組をした赤ちゃんのダヴィデに難病KHDSと診断されて

「天から降りてきたときに、きみは羽が折れてしまったんだ。

でも心配はいらないよ!なおすために、どんなことでもするから

ね!きみの目が星のようにキラキラしているから、ぼくたちは

ずっとがんばるよ!」くまの夫婦が魚のヒレヒレを可愛がる気持ち

の奥深さ、子供を可愛がる気持ちに複雑ですが、今を精いっぱい

生きている姿に感動しました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あたしって、しあわせ!
    あたしって、しあわせ!
    作:ローセ・ラーゲルクランツ 絵:エヴァ・エリクソン 訳:菱木 晃子 出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    不安でいっぱいの新1年生ドゥンネは、エッラ・フリーダと出会ってから、何をするにも一緒。ところが…

佐藤 まどかさんのその他の作品

おはなしSDGs 海の豊かさを守ろう ぼくらの青 / 世界とキレル / セイギのミカタ / アドリブ / どうぶつのかぞく チーター ちいさなハンター / つくられた心



4月の新刊&オススメ絵本情報

森のあかちゃん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット