話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
トロピカルテリー

トロピカルテリー

  • 絵本
作: ジャーヴィス
訳: 青山 南
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2019年06月20日
ISBN: 9784776409106

27×29cm 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

ここは南の島のサンゴの町、まぶしい色の魚たちがキラッキラッと輝きながら並んで泳いでいます。
小さい魚のテリーは、カニのセーラとマキガイのスティーブと、イルカよけ遊びをしたり、サメごっこをしたり、かくれんぼをしたり、いつも一緒。本当は、キラッキラッのまぶしい魚たちとも遊びたいけど、地味だからって断られてばかりです。

そんなある日、テリーはまぶしい色のがらくたをどっさり集め、セーラとスティーブに手伝ってもらって、キラッキラッのトロピカルテリーに大変身!
なんと、キラッキラッの仲間に入れてもらえることに! 色とりどりの魚たちに混じって、かっこよく泳ぐテリー、なんとも誇らしげな表情です。

そこへ、まぶしい色の魚をねらってウツボのエディがやってきました。必死に逃げるテリー。でも、かざりが重くて早く泳げません。もうエディの口がすぐそこに!
テリーは食べられてしまうのでしょうか……。

表紙はもちろん、どのページも、さまざまな色で表現された海の世界が、とてもきれい。
魚以外の海の小さな生きものたちも、かわいらしく描き込まれていて、それらを探しながら読むのも楽しいです。
見た目に楽しいだけでなく、キラッキラッに憧れるテリーが、自分の個性、本当に大切なことに気づく成長の物語でもあります。


(絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

みなみの海のサンゴのまちには、まぶしい色のさかながたくさんいました。
なのに、テリーは、じみ〜な色のさかな。まぶしい色のさかなたちは、テリーをばかにして、いっしょに遊んでくれません。
テリーはどうしたら、まぶしい色のさかなたちのなかまになれるのかいつも考えていました。
かにのセーラ、まきがいのスティーブにてつだってもらって、テリーは大変身しますが・・・。
海のなかであそぶさかなたちを楽しく描く、ジャーヴィスの絵本です。

ベストレビュー

夏にもぴったりな絵本。

カラフルな綺麗な海の魚たちがたくさん描かれた絵本で、見ていても楽しい気持ちになります。
「トロピカルテリー」という題名から、大人の親の私はなぜか「カクテル(お酒)」を連想してしまいましたが(笑)。
夏にもぴったりな気持ち良さそうな1冊に思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 急行「北極号」
    急行「北極号」の試し読みができます!
    急行「北極号」
    作・絵:クリス・ヴァン・オールズバーグ 訳:村上 春樹 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    クリスマス前夜、幻想的な汽車の旅へ・・・

ジャーヴィスさんのその他の作品

ついておいで フロー! / ハロウィンのかぼちゃをかざろう / クリスマスツリーをかざろう / もぐらのモリスさんおうちにかえりたい! / ホッキョクグマと南極のペンギン / アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ

青山 南さんのその他の作品

蛾 姿はかわる / キツネ 命はめぐる / ひとりきりでも(そんなに)こわくない / かんがえよう、コギト / すなの おしろ / あおいろペンギン


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > トロピカルテリー

子どもの感性を育み、こころに残る絵本児童書8選 レビューコンテスト<西日本ファミリー読書>

トロピカルテリー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット