新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

トロピカルテリー

トロピカルテリー

  • 絵本
作: ジャーヴィス
訳: 青山 南
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年06月20日
ISBN: 9784776409106

27×29cm 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

ここは南の島のサンゴの町、まぶしい色の魚たちがキラッキラッと輝きながら並んで泳いでいます。
小さい魚のテリーは、カニのセーラとマキガイのスティーブと、イルカよけ遊びをしたり、サメごっこをしたり、かくれんぼをしたり、いつも一緒。本当は、キラッキラッのまぶしい魚たちとも遊びたいけど、地味だからって断られてばかりです。

そんなある日、テリーはまぶしい色のがらくたをどっさり集め、セーラとスティーブに手伝ってもらって、キラッキラッのトロピカルテリーに大変身!
なんと、キラッキラッの仲間に入れてもらえることに! 色とりどりの魚たちに混じって、かっこよく泳ぐテリー、なんとも誇らしげな表情です。

そこへ、まぶしい色の魚をねらってウツボのエディがやってきました。必死に逃げるテリー。でも、かざりが重くて早く泳げません。もうエディの口がすぐそこに!
テリーは食べられてしまうのでしょうか……。

表紙はもちろん、どのページも、さまざまな色で表現された海の世界が、とてもきれい。
魚以外の海の小さな生きものたちも、かわいらしく描き込まれていて、それらを探しながら読むのも楽しいです。
見た目に楽しいだけでなく、キラッキラッに憧れるテリーが、自分の個性、本当に大切なことに気づく成長の物語でもあります。


(絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

みなみの海のサンゴのまちには、まぶしい色のさかながたくさんいました。
なのに、テリーは、じみ〜な色のさかな。まぶしい色のさかなたちは、テリーをばかにして、いっしょに遊んでくれません。
テリーはどうしたら、まぶしい色のさかなたちのなかまになれるのかいつも考えていました。
かにのセーラ、まきがいのスティーブにてつだってもらって、テリーは大変身しますが・・・。
海のなかであそぶさかなたちを楽しく描く、ジャーヴィスの絵本です。

ベストレビュー

海の底に

表紙の綺麗な色に惹かれて手に取りました。
キラキラな魚達に仲間はずれにされるテリー。
トロピカルテリーに変身します。
華やかなのもいいけれど、飾らない自分を知っている友達のいるというのは素敵なこと。
読んでいてハッピーになれる絵本でした。
海がとても綺麗で、自分も海の底に行きたくなりました。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子12歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジャーヴィスさんのその他の作品

ついておいで フロー! / ハロウィンのかぼちゃをかざろう / クリスマスツリーをかざろう / もぐらのモリスさんおうちにかえりたい! / ホッキョクグマと南極のペンギン / アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ

青山 南さんのその他の作品

アパートのひとたち / おっこちてきた / テナント / ハブラシのサミー ―海のなかのプラスチック― / ミツバチたち / ほしいなあ、きょうりゅう


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > トロピカルテリー

4月の新刊&オススメ絵本情報

トロピカルテリー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット