くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜!の試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
むずむず・もじもじのくろくまくん。トイレに行ったら、すっきり・さっぱり! トイレが楽しくなる絵本!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
もみの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もみの木

  • 絵本
絵: せな けいこ
文: 石井 睦美
原作: ハンス・クリスチャン・アンデルセン
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年06月28日
ISBN: 9784041078839

4歳から

関連するスペシャルコンテンツ


せなけいこさん50周年記念連載 第5回 せなけいこさん&編集者インタビュー

みどころ

『ねないこだれだ』『いやだいやだ』(共に福音館書店)『おばけのてんぷら』(ポプラ社)など、時代を超えて愛される作品を次々と生み出しつづけている、切り絵作家のせなけいこさん。本書は、せなけいこさんが、絵本作家としてデビューする前、アンデルセンの物語に合わせて作った幻の原画に、石井睦美さんが現代の子どもたちのために文章を書き下ろした美しい絵本です。

森の中に、1本の小さなもみの木が立っていました。
もみの木は、自分が小さいのがいやでたまりません。
早く大きくなりたいなあという気持ちでいっぱいです。
温かいお日さまの光と、気持ちのいい風も、きらきらした雪も、自分をぴょんと飛び越えるうさぎも、もみの木は少しもうれしいとは感じません。

まわりに立っていた大きなもみの木は、次々と切り倒され、どこかに運ばれていきます。
鳥たちから、切られた木が船のりっぱなマストになったことや、部屋の中で金のリンゴやおもちゃやろうそくで飾り付けられていることを聞いた小さなもみの木は、早く自分もそうなれないかなぁ……という気持ちをおさえきれませんでした。

やがてすくすく育ったもみの木は、冬が来てクリスマスが近くなったある日、ついに切り倒されます。そしてある屋敷に運び込まれて、美しく飾りつけをされるのですが――。

小さなもみの木のもつ気持ちは、大なり小なり、誰しもがもっていそうです。「ここではないどこかへ行ってみたい」「もっとこうなりたい」。でも、その思いが強すぎるあまり、自分のいる幸せな環境や、周囲のやさしさに気づけなかったとしたら――。

「ずんずんのびて、そだっているときこそ、たのしいんだよ」「このひろいもりのなかで、わたしたちといる このときを、たのしみなさい」森の中でお日さまや風が話しかけてくれた言葉の大切さとその意味が、じわじわとしみこんできます。

温もりのある切り絵で表現される、もみの木や自然、そして動物や子どもたち。優しい語り口と美しい絵本だからこそ、心に深く響き、余韻を残します。親子で大切に読みたい一冊です。

(絵本ナビ編集部)

もみの木

もみの木

出版社からの紹介

【せなけいこデビュー前夜の原画が復活! 親子で読みたい名作童話。】

大きくなりたい、別の世界へ行きたいと夢みてばかりいる一本のもみの木。
ある日、森から切り出され、お屋敷の中で美しくかざりつけられますが――。

本当の幸せとは何か。
一本のもみの木に人生をなぞらえ、アンデルセンが描く、心にのこる物語。

せなけいこ絵本作家デビュー前夜の幻の原画を復刻し、石井睦美により現代の子どもたちに向けて書き下ろされました。

この人もおすすめしています

今、この瞬間の幸せを大切に。
大人にも響く、大事なメッセージが込められた絵本です。
 ――関根麻里(タレント、(もうすぐ)二児の母)

もみの木

ベストレビュー

本当の幸せとは

せなけいこさんが、絵本作家としてデビューする前にアンデルセンの物語に合わせて作られた作品です。
やはり、デビュー前からちぎり絵が素晴らしいですね。

森の中のもみの木は、いつも周りを羨み、
早く自分も○○になりたい、と思っています。
しかし、月日が経ち、あの時の自分は幸せだったと知るのです。

私は子育てをしていると、
無限ループの遊ぼうコールが苦痛になることがあります。
しかし、私もいつか、今が一番幸せな時だったと知るのでしょうか。
頭では、わかっているつもりでも忘れそうになります。

とてもメッセージ性の強いお話で心に残ります。
子供たちにはまだ難しいかもしれませんが、
今を大切に。過ぎ去って初めて気づくものなんだよ。ということを知ってほしいと思います。
(tori.madamさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


せな けいこさんのその他の作品

いらっしゃい / いやだいやだの絵本 プレゼントBOX / あめふりぼうず / うさぎのまじっく / たぬきちのともだち / まほうつかいと ねこ

石井 睦美さんのその他の作品

うさぎのバレエだん / ラブレターをもらったら / 角川つばさ文庫 小説 一度死んでみた / 愛しいひとにさよならを言う / あきのセーターをつくりに / ぼくたちは卵のなかにいた

ハンス・クリスチャン・アンデルセンさんのその他の作品

雪の女王 / 雪の女王 / 雪の女王 / アンデルセン童話全集 (3) / モミの木 / アンデルセンのきらめくポップアップ絵本 雪の女王



中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

もみの木

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット