新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
岩波少年文庫 しずくの首飾り

岩波少年文庫 しずくの首飾り

  • 児童書
著: ジョーン・エイキン
訳: 猪熊 葉子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥640 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年06月15日
ISBN: 9784001142488

小学3・4年以上
B6変型判/192ページ

出版社からの紹介

首にかけていれば、どしゃぶりの雨でもぬれない「しずくの首飾り」、さばくの駅ではたらく駅員たちが旅に出る「三人の旅人」など8編。自由奔放な空想が楽しい短編集。[解説・東直子]

ベストレビュー

昔話に通ずる繰り返しの面白さがあります。

1975年に日本で初版が出ている作品の文庫版です。
タイトルは知っていましたが、読んだのは初めてです。
「しずくの首飾り」ほか、
「足ふきの上にすわったネコ」
「空のかけらをいれてやいたパイ」
「ジャネットはだれとあそんだか」
「三人の旅人たち」
「パン屋のネコ」
「たまごからかえった家」
「魔法のかけぶとん」
が入っています。
「しずくの首飾り」もとても印象的で面白かったですが、
好みとしては、「三人の旅人たち」……大きな砂漠の真ん中にある駅を守っている3人の駅員たちが、休暇を取ってそれぞれ別々のところへ旅に出た話と、
「たまごからかえった家」……世界を旅している4人のウィービルズが、ニワトリの足のような家に住んでいるおばあさんからある難題をこなすと……って、話がダントツで面白かったです。(このおばあさんは、ヨーロッパの昔話によく登場するババヤガーまたはバーバ・ヤガーがモデルでしょうね)

どのお話も昔話によくあるような繰り返しが使われているので、読み手は物語の世界に入りやすいです。
それから、例えば「北風」が具象化されて人間になっていたり、「空のかけら」が入ったパイが空を飛び始めたりする奇想天外な設定が、「そんなのもありか」と思わせてくれる描写なので、とても楽しく読めました。
岩波少年文庫のお薦めの学年は3,4年生以上となっています。一つ一つのお話はとても短いので、機会があったらブックトークなどで紹介していきたいと思っています。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョーン・エイキンさんのその他の作品

月のケーキ / 7つの怖い夜ばなし / ナンタケットの夜鳥 / ダイドーの冒険(5) コールド・ショルダー通りのなぞ / ダイドーの冒険(2) バタシー城の悪者たち / アーミテージ一家のお話3 ゾウになった赤ちゃん

猪熊 葉子さんのその他の作品

岩波少年文庫 まぼろしの小さい犬 / アーミテージ一家のお話2 ねむれなければ木にのぼれ / 岩波少年文庫 アーミテージ一家のお話(1) おとなりさんは魔女 / 岩波少年文庫 王のしるし (下) / 岩波少年文庫 王のしるし 上 / 岩波少年文庫 運命の騎士


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > 岩波少年文庫 しずくの首飾り

2月の新刊&オススメ絵本情報

岩波少年文庫 しずくの首飾り

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット