新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
海ガラスの夏

海ガラスの夏

  • 絵本
文: ミシェル・ハウツ
絵: バグラム・イバトゥーリン
訳: 島 式子 島 玲子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年07月01日
ISBN: 9784776409144

10歳くらいから
276×250×9o


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

『おとうさんの庭』『カラス笛を吹いた日』『マッチ箱日記』など、人間ドラマを感じさせる精緻な絵を描く、バグラム・イバトゥーリンの絵を味わえる作品。
海辺の石や砂が、島の明るい光を反射するような、独特の薄い色彩であざやかに描かれます。

トーマスという男の子が、おばあちゃんの島の家で夏を過ごす間、海ガラスに魅了され、集めていきます。
海に落ちたガラスが、波や砂にもまれて、とがったところが丸くなった……海ガラス。
トーマスが海ガラスをひとつ拾い、枕元において寝るたびに、海ガラスのカケラから過去が浮かび上がってきます。
大きな軍艦の進水式や、嵐にあった船で粉々になった瓶。
そして夏は終わり……いつしかずっと時が経ったのち、ある海辺で、再び海ガラスはトーマスのもとに過去を運んできてくれるのです。

子どもが夏に出会う、発見や驚き。そして海が時をつないでいく不思議さが、本書には一瞬のような永遠のような輝きとともに、閉じ込められています。
読んだあと、身近で拾ったものたちに「これはどんな旅をしてきたんだろう」と思いを馳せたくなるはず。
小学生の中・高学年向け、夏の読書におすすめしたい絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

おばあちゃんの島の家で夏を過ごしていたトーマスはある朝、海岸で海ガラスを見つけた。海水や砂にもまれ、時を経て、丸くなった海ガラス。「おじいちゃんは、海ガラスにはひとつひとつに物語があるってよく言っていたわね」とおばあちゃんは言う。この海ガラスは、どこから流れてきたのだろう。どんな旅をしてきたのだろう。どんな物語があるのだろう。
その夜、海ガラスを枕元に置いて寝たトーマスは、嵐のなかを進む帆船の夢を見た――
小さな海ガラスからひろがる、壮大な物語。

ベストレビュー

海ガラスが語る物語

海辺で見つける波に洗われて丸みをおびたガラスたち。
それぞれにいろんな物語を持っているのだと、感慨深く思いました。
トーマスが海ガラスを見つけたシーンと、海ガラスが語る思い出のシーン交錯が、とても味わい深く描かれています。
そしてトーマスが歳をとり、孫のアニーに海ガラスの話をするまでの年月が絵本の奥から別の物語を語っているように思いました。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ロボベイビー
    ロボベイビー
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    コールデコット賞作家ウィーズナーが 精緻に、いきいきとロボットの世界を描いています。

バグラム・イバトゥーリンさんのその他の作品

カラス笛を吹いた日

島 式子さんのその他の作品

シェイクスピア ストーリーズ / 氷の宮殿 / ぼくはワニのクロッカス / 白雪姫



えほん新定番 from 好書好日

海ガラスの夏

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット