でんぐり ごろりん でんぐり ごろりん でんぐり ごろりんの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
でんぐりしたら、どうなると思う? えー!?って、言っちゃうよ、きっと!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
恐竜トリケラトプスとゴルゴサウルス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

恐竜トリケラトプスとゴルゴサウルス

  • 絵本
作・絵: 黒川 みつひろ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「恐竜トリケラトプスとゴルゴサウルス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年06月21日
ISBN: 9784338276115

幼児から
25×19cm・32ページ

みどころ

黒川みつひろさんが描く大人気恐竜絵本、「恐竜だいぼうけん」シリーズ。
今作の主役はリトルホーンの妹、トリケラトプスのミニホーンです。

ミニホーンが、いとこのミクロホーンとその弟のナノホーンと、森でかくれんぼをしていると、
大変! 恐ろしい肉食恐竜「ゴルゴサウルス」が現れました。
あたりのにおいを嗅ぎまわるゴルゴサウルスを見て、
ミニホーンは、ミクロホーンに大人たちへの連絡を頼み、
自分は、小さなナノホーンが見つからないよう、おとりになってゴルゴサウルスを遠くへ引き離そうとします。

目の前に出てきたミニホーンに、「お、うまそうな えさだ!」と目を輝かせるゴルゴサウルス。
大きな口と尖った牙、背中に生えた立派なたてがみ……、
ミニホーンに迫るゴルゴサウルスの迫力といったら!
ミニホーンたちはいったいどうなってしまうのでしょう?!

黒川みつひろさんは、2006年の恐竜博でその迫力ある骨格化石を見てから、いつか絵本に描いてみたいと思っていたそうです。
「ゴルゴサウルスとは『おそろしいトカゲ』という意味です。
 ティラノサウルスのなかまで、8メートル以上の体をもち、さかんに草食恐竜を狩りました。」
(巻末 「作者のことば」より)

うろこ状の皮膚に、首から背中のたてがみのゴルゴサウルスの姿も、恐竜の新しい学説を取り入れて絵にされている黒川さんならでは。
恐竜についての知識や制作のエピソードも楽しめる「作者のことば」も、このシリーズのみどころのひとつです。
おはなしと合わせて親子で楽しんでくださいね。

今回、小さなナノホーンを守るために、勇気をもって行動するミニホーンが、とってもかっこいい!
頼もしいママホーンや仲間たちからも元気をもらえるおはなしです。
これからもたくさんの恐竜と出会うだろうトリケラトプスたち。今度はどんな恐竜が現れるのか、次のおはなしも楽しみになってしまいますね。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

恐竜トリケラトプスとゴルゴサウルス

出版社からの紹介

トリケラトプスのミニホーン、ミクロホーン、ナノホーンが、もりでかくれんぼをしていると、おそろしい肉食恐竜のゴルゴサウルスがあらわれて、子どもたちが大ピンチに! 勇気を出したミニホーンは……。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

黒川 みつひろさんのその他の作品

恐竜トリケラトプスとスピノぼうや / 恐竜 トリケラトプス はじめてのたたかい / トリケラトプスとダスプレトサウルス プレトのぼうけんのまき / 恐竜トリケラトプスとアルゼンチノサウルス きょだいきょうりゅうとであうまき / トリケラトプスとそこなしのぬま アルバートサウルスとたたかうまき / もっと恐竜とあそぼう!



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

恐竜トリケラトプスとゴルゴサウルス

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット