いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
火 あやかし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

火 あやかし

  • 絵本
絵と文: 飯野 和好
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年06月21日
ISBN: 9784338261340

幼児から
31×24cm

みどころ

“昔から人は、山に入るとよくあやしいものに出会ったという”

京の都から丹後へと向かう山街道。
夜もふけたその道を、直四郎と小四郎の兄弟は歩いていました。

「あ、兄上、あれを!」

小四郎が見つけたのは、夜の空よりもなお黒々とそびえる山影に、ポツンとひとつ、ともった明かり。

ふたりが火のあった場所についてみると、なにやら、あわてて立ち去った形跡が……。
あやしみながらも、ふたりはそこで休んでいくことにしました。

「ああ、明るい! あたたかい! 兄上、ほっとしますね」
「うん、火はよいものだな」

もしも、そのあとに襲い来る恐怖をふたりが知っていたなら、「火はよいもの」だなんて、とても口にはできなかったでしょう。
そう、闇の中から忍び寄る、世にも恐ろしい“あやかし”の姿を知っていたなら——

作者は、「ねぎぼうずのあさたろう」シリーズ(福音館書店)や『おならうた』(谷川俊太郎・原詩、絵本館)などでおなじみ、人気絵本作家の飯野和好さん。
飯野さんが今回描いたのは、日本に伝わる原初的な恐怖譚——「山の怪異」です。

兄弟に忍び寄る「あやかし」のビジュアルをどうお伝えしたらいいものか……
怖さもさることながら、圧倒され、見とれてしまうような凄みがあります。
ここではせめてその雰囲気だけでも伝えるために、作中で「あやかし」が発する不気味な「音」を紹介しましょう。

「パサリッ、パサリッ」
「ぬいーっ! ギッギッピィーッ」
「んむんむわむわむー」

食いしんぼうで奔放な雰囲気の小四郎と、いかにも面倒見の良い兄といった直四郎。
彼ら兄弟の仲の良い掛け合いがほほえましい一方で、だからこそ、おぞましく混沌とした「あやかし」の登場には、いっそうぎょっとさせられるものがあります。

みどころは、物語の序盤と終盤で描かれる火の印象の差!
行く道の先に仰ぎ見た火と、来た道をふりかえって見た火が、まったく違って見えることにきっとゾクリとさせられるはず……。

どうぞ、とりかえしのつかない場所へと迷い込んでいくような不安を、お楽しみください。

(堀井拓馬  小説家)

火 あやかし

出版社からの紹介

昔から、人は山に入ると、よくあやしいものに出会ったという…。旅の途中の兄弟が、夜の山街道で出会ったあやかしの火の物語。幼い頃から、囲炉裏や竈の火に親しみ、山仕事をしてきた飯野和好が、火をあやしく描く。

ベストレビュー

なんともいえない不気味さがあります。

表紙絵がすごく印象的です。
タイトルが鮮やかに感じられます。
兄弟と、火と、煙と…、やみの中から出てくる妖たちのなんとも言えない不気味さがいいです。
特に後半の「はっと われに かえりました」のページの絵は、ムンクの「叫び」のようなうわ〜っと感がありました。
短いお話ですが、夏の世の夢みたいで面白いです。
小学校の4,5,6年生くらいにお薦めします。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

飯野 和好さんのその他の作品

DJ YOYO / ふようどのふよこちゃん おやまはだいじ / スサノオ 日本の神話 / めしくわぬにょうぼう / 灰屋灰次郎 灰はございー / はやくちことばで おでんもおんせん



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

火 あやかし

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット