4歳 おすしドリル 4歳 おすしドリル
協力: 近野十志夫  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
イキのいいネタ揃ってます!おいしく楽しくおべんきょう!夏のがんばり賞キャンペーン実施中!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
火 あやかし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

火 あやかし

  • 絵本
絵と文: 飯野 和好
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年06月21日
ISBN: 9784338261340

幼児から
31×24cm

みどころ

“昔から人は、山に入るとよくあやしいものに出会ったという”

京の都から丹後へと向かう山街道。
夜もふけたその道を、直四郎と小四郎の兄弟は歩いていました。

「あ、兄上、あれを!」

小四郎が見つけたのは、夜の空よりもなお黒々とそびえる山影に、ポツンとひとつ、ともった明かり。

ふたりが火のあった場所についてみると、なにやら、あわてて立ち去った形跡が……。
あやしみながらも、ふたりはそこで休んでいくことにしました。

「ああ、明るい! あたたかい! 兄上、ほっとしますね」
「うん、火はよいものだな」

もしも、そのあとに襲い来る恐怖をふたりが知っていたなら、「火はよいもの」だなんて、とても口にはできなかったでしょう。
そう、闇の中から忍び寄る、世にも恐ろしい“あやかし”の姿を知っていたなら——

作者は、「ねぎぼうずのあさたろう」シリーズ(福音館書店)や『おならうた』(谷川俊太郎・原詩、絵本館)などでおなじみ、人気絵本作家の飯野和好さん。
飯野さんが今回描いたのは、日本に伝わる原初的な恐怖譚——「山の怪異」です。

兄弟に忍び寄る「あやかし」のビジュアルをどうお伝えしたらいいものか……
怖さもさることながら、圧倒され、見とれてしまうような凄みがあります。
ここではせめてその雰囲気だけでも伝えるために、作中で「あやかし」が発する不気味な「音」を紹介しましょう。

「パサリッ、パサリッ」
「ぬいーっ! ギッギッピィーッ」
「んむんむわむわむー」

食いしんぼうで奔放な雰囲気の小四郎と、いかにも面倒見の良い兄といった直四郎。
彼ら兄弟の仲の良い掛け合いがほほえましい一方で、だからこそ、おぞましく混沌とした「あやかし」の登場には、いっそうぎょっとさせられるものがあります。

みどころは、物語の序盤と終盤で描かれる火の印象の差!
行く道の先に仰ぎ見た火と、来た道をふりかえって見た火が、まったく違って見えることにきっとゾクリとさせられるはず……。

どうぞ、とりかえしのつかない場所へと迷い込んでいくような不安を、お楽しみください。

(堀井拓馬  小説家)

火 あやかし

出版社からの紹介

昔から、人は山に入ると、よくあやしいものに出会ったという…。旅の途中の兄弟が、夜の山街道で出会ったあやかしの火の物語。幼い頃から、囲炉裏や竈の火に親しみ、山仕事をしてきた飯野和好が、火をあやしく描く。

ベストレビュー

迫力のある絵

夜の山であかりがともっていたら、ほっとするだろうと思いますが、それが、あやかしだったら…。とにかくすごい迫力の絵に圧倒されながら、読み進めました。兄弟たちの恐怖がつたわってきて、わけのわからない怖さに知らず知らずに体に力が入ってました。山には何かがいるんだろうと思わされるお話でした。
(あんじゅじゅさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


飯野 和好さんのその他の作品

かふんとみつ / 講談えほん 宮本武蔵 山田真龍軒 / DJ YOYO / ふようどのふよこちゃん おやまはだいじ / スサノオ 日本の神話 / めしくわぬにょうぼう



SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

火 あやかし

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット