話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
しょうぎ はじめました

しょうぎ はじめました

  • 絵本
文: 間部 香代
絵: 田中 六大
出版社: 文研出版 文研出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年05月
ISBN: 9784580823471

5歳から
32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ぼくは将棋をおぼえたが、上級生やパパとと対戦しても勝てなくて、くやしい。夏休みに、将棋の強いじいちゃんからおしえてもらうことに。じいちゃんから特訓を受けて、ついにじいちゃんから勝利!

ベストレビュー

まさにあるあるです。

将棋を始めたばかりの男の子が、
じいちゃんに教えてもらって、
ついにじいちゃんに勝つ、という内容。
途中、棒銀戦法という、
角と銀で攻撃する、初心者が最初に覚える手が、
細かく出ています。
興味のない人はここを読み飛ばすだろうなとは思いました。
田中六大さんの絵が、ちょちょこ笑かせてくれます。

うちの息子とまったく状況が同じだったので、
楽しく読みました。
息子が最初に覚えたのも棒銀戦法。
つまり子どもが最初に覚える手。
しかし、息子はじいちゃんには勝てませんでした。
その後、5年経った今も、一度も勝てたことがありません。
実際にはそこそこ将棋をするじいちゃんに、
棒銀戦法では勝てないです。
じいちゃんはじいちゃんで、
孫に手加減する気もないようです。

この絵本のじいちゃんは、
孫に手加減してくれる優しいじいちゃんだったのだと思います。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


間部 香代さんのその他の作品

キニ子の日記 全2巻 / キニ子の日記(下) / よろしくパンダ広告社 / まーだだよ / ふかふかだよ / だいすきだよ

田中 六大さんのその他の作品

あそび室の日曜日 町長さんのアイドルコンテスト / 紙芝居 フーコとライタのにんじゃしゅぎょう / きもちのことばじてん 絵で見てわかる! / ほうれんそうカレー ききいっぱつ! / 中村獅童のおめんであそぼ とびだす!かぶきえほん / 資料室の日曜日 ミイラとハロウィン


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > しょうぎ はじめました

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

しょうぎ はじめました

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット