オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ジョージ大好きさん 40代・ママ

こっちも楽しいよ
ワタナベさんという絵本が好きだったので…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
まめざらちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まめざらちゃん

  • 絵本
文: あさのますみ
絵: よしむら めぐ
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年09月20日
ISBN: 9784592762539

3歳〜
四六倍判変型/32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

ここは、お料理上手なダダさんのおうち、そのお台所の食器棚――
そのなかには、おいしいお料理ができるのを今か今かと待っているものたちがいました。
それは、どんぶり、お椀に、お皿たち!
かれらのたのしみは、自分にもりつけられたごちそうを、こっそり味わうことなのです。

そこにやってきたのは、ちいさなちいさな、まめざらちゃん。
ちいさなピンクの花もよう、形もまるでお花のような、とってもかわいいお皿です。

どんなお料理を味わうことができるのかと、ワクワクしていたまめざらちゃんでしたが――

「か、か、からーい!」

わさび醤油に、お酢ラー油、それからピリ辛やきにくのタレ!

「きみほどちいさなお皿は、『しょうゆ皿』って呼ばれるくらいだからなあ」

ほかのお皿たちの言葉に、まめざらちゃんは粉々に割れてしまうかと思うくらい、悲しみました。

そんなある日、ダダさんが結婚!
台所に立つ結婚相手のピピさんを見て、どんなお料理をつくる人なんだろうと、お皿たちはドキドキ。

「わたしはしょうゆ皿だもの。どんな人でも、関係ないわ」

しょんぼり、いじけるまめざらちゃんでしたが――?

絵本をめくってすぐに登場するのは、あたたかそうなラーメン。
それにつづいて、ナポリタン、シチュー、親子丼。
みずみずしいツヤ……
ほわほわとたちのぼる湯気……
そして、おいしそうにほおばるダダさんの表情……
読んでいるだけで、香りまでただよってきそうなほどリアルなイラストが……うっ、胃袋直撃!

それとは対照的に、ダダさんやお皿たちのキャラクターはかわいらしくデフォルメされていて、そのコントラストも魅力的な絵本です。

くわえておもしろいのは、背景のイラストや食卓にならんだメニューの種類に、ダダさんのリアルな生活が感じられるところ。
なんてったって、パスタだの、フライドポテトだの、ラーメンだのが並んでいたダダさんの食卓に、結婚してはじめて山盛りのサラダが登場するんですから!
それに、実は結婚する前からピピさんの存在を感じる小物があちらこちらに。
語られていないふたりの時間がそうしてイラストに込められているのも、なんだかロマンチック……

さて、自分にはおいしいお料理をもりつけてはもらえないんだと悲しむまめざらちゃんでしたが、ピピさんの登場で、思ってもみなかった自分の役割を知ることに!
まめざらちゃんの表情がコロコロとゆたかに変化するのにあわせて、ラストには心から「よかったねー!」とうれしい気持ちにさせてくれました。

かわいくって、おいしくて――いろいろな楽しみの詰まった、ぜいたくな一冊です!


(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

まめざらちゃんは、ちいさなかわいいお皿。まわりのお皿のなかまたちのように、ごちそうを盛りつけられてみたいのに、いつもおしょうゆや調味料ばかり注がれて、しょんぼりの毎日。でもある日、お皿の持ちぬしのダダさんのところにお嫁さんがやってきて……。第7回MOE創作絵本グランプリに輝き大反響を呼んだ、心に幸せが広がる絵本です。

まめざらちゃん

まめざらちゃん

ベストレビュー

幸せを願いたくなる

この絵本の主人公は、まめざらちゃん。
小さな小さなお皿です。

まめざらちゃんは、ある日、ダダさんの家の食器棚にやってきました。
すでに食器棚にいたのは、どんぶりぼうややおわんさま、それからおおざらくんやスープざらさん、おちゃわんおばさんなどです。
実はお皿たちには楽しみがあって、それは、盛りつけられたごちそうを、こっそり味わうことです。
みんなはそれぞれごちそうを盛りつけられて、とても幸せそうです。
それを見て、まめざらちゃんは期待に胸を膨らませます。

あ!
ダダさんが、まめざらちゃんを取り出しました。

まめざらちゃんは、うれしくてしょうがありません。
どんなごちそうを盛りつけてくれるのかしら?

ところが。

まめざらちゃんに盛りつけられたのは、醤油とわさび。
他の日は、お醤油とお酢、それからラー油。
それから他の日は……。

まめざらちゃんに盛りつけられるのは、調味料ばかり。
ダダさんは、まめざらちゃんを醤油皿としてしか使わないのです。

まめざらちゃんは、悲しくて悲しくて涙が止まりません。
みんなが慰めてくれるけれど、絶望してしまいました。

そんなある日、ダダさんの家の台所に、女の人がやってきました。
ダダさんと結婚した、ピピさんです。

ピピさんは、まめざらちゃんを見つけて言いました。
「このおさらなら、ちょうどいいわ」

ピピさんは、まめざらちゃんをどのように扱うのでしょう?
やっぱり醤油皿として?
それとも……。

読み進めていくうちに、まめざらちゃんを応援したくなってきます。
描かれるお料理もとても美味しそうで、食べたくなります。

とてもかわいらしい絵本なので、年齢に関わらず読んでいただきたいと思います。
(ymotkmさん 40代・ママ 男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あさのますみさんのその他の作品

アニマルバスと たんじょうび / 日々猫だらけ ときどき小鳥 / アニマルバスと よるのもり / アニマルバスとパンやさん / はるってどんなもの? / トイレこちゃん

よしむら めぐさんのその他の作品

ねこになっちゃった 角野栄子のアコちゃん絵本



【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

まめざらちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット