話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
ぼくは生まれたとき

ぼくは生まれたとき

  • 絵本
作: イザベウ・ミンニョス・マルチンス
絵: マデレナ・マトーソ
訳: 本田 亮
出版社: ニジノ絵本屋

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくは生まれたとき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年07月
ISBN: 9784908683190

サ イ ズ:197 mm × 220 mm
頁 数:24P
仕 様:バイリンガル[日本語/英語]

出版社からの紹介

「ぼくは 生まれたとき
ママのおなかのなかしか しらなかった
まっくらな おなかのなかしか」

生まれたとき、ぼくは何も知らなかったけれど、
やがて、
目で、花や海、鳥を見て知り、
口で、名前を読んだり、飲んだり、食べたり、味わうことを知り、
鼻で、空気を吸うことや、大好きなにおいを知り、
耳で、自分の周りで聞こえてくる音を知り、
手や足で、触ったり歩いたりできることを知っていきます。

これは、生まれてきた小さな命が
毎日毎日小さな発見をしていく物語です。

—————————————

原題は『QUANDO EU NASCI』
ポルトガルの出版社「Planeta Tangerina」より2007年に刊行され、
今では11ヶ国語に翻訳されている名作。

Planeta Tangerinaとは
ポルトガルにある絵本の出版社。
元同僚で志を同じくする3名が立ち上げ、イラストレーターやデザイナー、編集など、
絵本制作に必要なスタッフを内部で構成。
これまで出版した絵本は世界各国で翻訳されている他、
「Revelation Publisher Award」(2009)や
「Best European Children’s Publisher」(BCBF2013)に選ばれている。

ベストレビュー

作り方に無駄がない感じがします。

ポルトガルの絵本。
ちょっと哲学的な感じの内容です。
絵もテキストもはっきりしていて、遠目がききます。
出版社を挙げて力を注いでいるだけあって作り方に無駄がない。というイメージを受けました。
小さいな男の子が主人公ですが、わたしが読み聞かせに使うなら、中学年から高学年くらいに読みます。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

本田 亮さんのその他の作品

おはなし ごほん / エコかるた―楽しく学べる環境絵本― / スポーツのおはなし(スポーツクライミング) わたしのビーナス / おしごとのおはなし お医者さん ママはお医者さん / ひらめきちゃん



1月の新刊&オススメ絵本情報

ぼくは生まれたとき

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット