ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
わたしはみんなのおばあちゃん はじめての進化のはなし

わたしはみんなのおばあちゃん はじめての進化のはなし

  • 絵本
作: ジョナサン・トゥイート
絵: カレン・ルイス
訳: 真鍋 真
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,870

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年07月11日
ISBN: 9784001126839

4歳から
体裁/A4変・上製 ・40頁

出版社からの紹介

「わたしは,さかなのおばあちゃん.からだをくねくねさせて,およぎます.きみもくねくねできるかな?」大むかしの魚や,ほ乳類など,いろいろな種類のおばあちゃんが語りかけます.じつは,みんなわたしたちヒトの祖先です.おばあちゃんたちの動きをまねしながら,生きものの進化をたどってみよう!大人のための解説付き.

ベストレビュー

面白い手法で、進化の軌跡を伝えてくれます。

進化の絵本はいくつか読んだことがありますが、この作品は低年齢のお子さんでも理解しやすいやさしい言葉が選ばれています。
読むまでは、ずっと表紙絵の魚だけが主人公だと思っていたのですが、
「進化の話」と、あるだけあります。主人公はその時代時代の“おばあちゃん”に変化していきます。
(え?どういうことなの?と、思った方は読んでみてくださいね)

枝分かれしていく図も、大きく分けてこんな感じという描き方でわかりやすかったです。
「すーはー」「はいはい」「くねくね・ぱくぱく」「きゅーきゅー」「ほーほー」「すたすた」「ぺちゃくちゃ」
など、オノマトペを使って生き物が進化してきた軌跡を伝えるという面白い手法で表現してくれていました。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子20歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

真鍋 真さんのその他の作品

恐竜 特別版 / 鳥になった恐竜の図鑑 / きみがまだ知らないティラノサウルス / きみがまだ知らないトリケラトプス / きみがまだ知らないステゴサウルス / 恐竜学


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > わたしはみんなのおばあちゃん はじめての進化のはなし

5月の新刊&オススメ絵本情報

わたしはみんなのおばあちゃん はじめての進化のはなし

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット