しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
このままじゃ学校にいけません
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

このままじゃ学校にいけません

  • 絵本
文: ベン・ブラッシェアーズ
絵: エリザベス・バーグランド
訳: 福本 友美子
出版社: 犀の工房

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年09月20日
ISBN: 9784991006326

※発売が当初の予定より遅くなりました。8/21現在、9月下旬の発売を予定しております。

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】学校に行きたくない…そんな気持ちのときに読みたい

出版社からの紹介

ベン・ブラッシェアーズさん(文)、エリザベス・バーグランドさん(絵)ともに絵本デビュー作です。お二人とも小さいお子さんをお持ちで、保育園の運動場で出会ったそうです。アーティストとして、また子育てに苦労する親として意気投合した二人。数年後にバーグランドさんが、動物の格好をしたエディのドローイングをブラッシェアーズさんに送ったことから、この絵本が生まれたそうです。現代を生きる子どもの大変さを繊細にそしてユーモラスに表現されているのは、さすが現役の子育て世代と言えそうです。子育てに忙しい大人が読んでも面白い一冊です。

このままじゃ学校にいけません

このままじゃ学校にいけません

ベストレビュー

アイディアが素晴らしい!

モヤモヤする日、やる気の起きない日、あるよね。そんな憂鬱な気持ちを動物になることで見事に表現しているエディ!
学校に行きたくない気持ちを必死でアピールしているのに、どこかユーモラスで裏目裏目にでちゃう。
手がホッキョクグマになってしまうところは、うまい!と感嘆せざるを得ません。1本とられました。
ハダカデバネズミの気持ち、なんとなく理解できる・・・。
その夜、お母さんに泣きながら気持ちを話し、最後に一番ステキなものになったエディ。
こんな可愛らしい顔をしてたのね。
思わずぎゅっと抱きしめて、大丈夫、行ってらっしゃい、と送り出したくなりました。
作者の子どもの気持ちに寄り添う優しさが伝わってくる本です。
小学校の読み聞かせにピッタリですね。
(ぐるさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

福本 友美子さんのその他の作品

はたらくくるまたちのクリスマス / 図書館のふしぎな時間 / ハロウィーンくまちゃん / ボードブックおはよう、はたらくくるまたち / どうぶつたちのだいすきって? / いっしょにおつかい



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

このままじゃ学校にいけません

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.32

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット