話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新装版わたし クリスマスツリー

新装版わたし クリスマスツリー

  • 絵本
作・絵: 佐野 洋子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年10月
ISBN: 9784061323377

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

クリスマスツリーになりたかった もみの木の ものがたり
待望の新装版登場!

幸せと生きがいを求めて、もみの木は走った。
「私はクリスマスツリーになるの」
一途に思い続けるもみの木。その夢が破れたとき彼女を温かく迎えたのは……。

ベストレビュー

じんとくる絵本

クリスマスの素敵な絵本を探していて出会った本です。
佐野洋子さんの絵本ということで、期待をして読み始めました。
読み終わって、さすが!!と思いました。
街で素敵なクリスマスツリーになりたかったモミの木、根っこを抜いて一生懸命走る様子に、なんとか望みが叶えばいいのに・・・
列車に乗り遅れ、泣きながら元の森へ帰って来たモミの木を優しく迎える動物、木に心が温かくなりました。
動物達のクリスマスツリーになったモミの木。最後はみんなで静かにクリスマスの歌を歌いますが、どんな気持ちだったのかな?

モミの木が自分の姿のようにも思えるし、また自分の子供のようにも思え、森の動物達の気持が親心に感じ、味わい深いです。
クリスマスの名作絵本といっても良いと思います。
(みるぴんさん 30代・ママ 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか

佐野 洋子さんのその他の作品

今日でなくてもいい / 佐野洋子の動物ものがたり / 講談社青い鳥文庫 吾輩は猫である(上) (新装版) / ねこ いると いいなあ / おとうさんおはなしして / おいで、もんしろ蝶


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > 新装版わたし クリスマスツリー

「はじめての」シリーズ累計発行100万部突破記念 てづかあけみさんインタビュー

新装版わたし クリスマスツリー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.24

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット