いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
うれしい おいしい はんぶんこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うれしい おいしい はんぶんこ

  • 絵本
作・絵: 宮野 聡子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年07月29日
ISBN: 9784569788814

4〜5歳から
幼年から A4判変型上製/32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

美味しいものを作ったら、自分たちだけで食べるのが少しもったいなく感じることってありますよね。
せっかくなら、他の人にも美味しいものを味わってもらいたい。
このおはなしに出てくる、りすのかあさんも、とびきり美味しくできた「きのみのパウンドケーキ」を、仲良しのうさぎさんに食べてもらおうと思います。
しかし、あいにく、うさぎさんは留守のよう。
りすのかあさんは、手紙を書いて、パウンドケーキを置いていくことにしました。

「はんぶんどうぞ! なかよしの ともだちより」

うさぎさんをちょっぴり驚かせようと、名前を書くところに自分の名前を書かなかった、りすのかあさん。
パウンドケーキを見つけたうさぎさんは、手紙を読んで
「まあ、いのししさんかしら? おれいに にんじんゼリーを もっていきましょう」と
にんじんゼリーを作って、いのししさんのお家をたずねます。
しかし、あいにく、いのししさんは出てきません。
うさぎのかあさんも手紙を書いて、にんじんゼリーを置いていくことにしました。

「いつもありがとう。なかよしの ともだちより」

にんじんゼリーを受け取ったいのししさんは、「くまさんかしら?」と思って……。
ちょっと変わった勘違い。いったいどこまで行くのでしょうか……?

作者の宮野聡子さんは、『ともだちの ひっこし』や『あとでって、いつ?』(共にPHP研究所)など、子どもたちの繊細な心情をとても丁寧に描く絵本作家さん。
今回の作品の制作で、「はんぶんこ」のお礼が次の動物に渡るアイディアにたどり着くまでに、実に2年半もの間、試行錯誤を繰り返されたそうです。(宮野聡子さん公式ブログより)
おはなしの要となっている、「動物たちのかわいい企みと、おもいっきりの勘違い」は読むほどに味わいがあり、この作品ならではのオリジナリティとして、子どもたちもしっかり伝わることでしょう。

大人も子どもも、美味しい食べ物は、いっぱい食べたい。
独り占めしたい気持ちもあるけれど、誰かと分けっこをして食べると、
ひとりで食べるよりもやっぱり美味しいものです。
絵本を読み終わった後は、おやつを半分こしたり、それを誰かにプレゼントしたりして、楽しむこともできそう。
そのときは、お手紙もぜひ書いてくださいね。

(木村春子  絵本ナビ編集部)

うれしい おいしい はんぶんこ

うれしい おいしい はんぶんこ

出版社からの紹介

『いちばんしあわせなおくりもの』の著者最新作!
「上手に焼けたから、仲良しのうさぎさんに食べてもらいましょう!」りすの母さんは、パウンドケーキを「はんぶんこ」にして、うさぎの家に持っていきました。ところが、うさぎの家は留守だったので、手紙をおいていくことに。そして、ちょっぴり驚かせようと、自分の名前を書くところに「なかよしの ともだちより」と書きました。
うさぎの家族は、にんじんばたけから帰ると、パウンドケーキを見つけて大喜び。「なかよしの ともだちより」という手紙を読んで、「いのししさんかしら?」と思ったうさぎは、お礼ににんじんゼリーを「はんぶんこ」にして持っていくことにしました。ところが……。

美味しくできたから「仲良しの友達に半分おすそわけしよう」という喜びの共有。また、手紙の差出人に「なかよしの ともだちより」と書いて、相手を楽しませようという思いやり。そんな優しさの連続が、最後に美味しい幸せを運んでくれる心温まるお話です。

ベストレビュー

広がっていくおすそわけ

この絵本は、りすさんが作ったパウンドケーキの半分をうさぎさんにおすそわけすることから始まります。「なかよしのともだちより」とのメッセージを添えて。
受け取ったうさぎさんは、「なかよしのともだち」を、りすさんではなくいのししさんだと勘違いし、手作りゼリーの半分をいのいしさんにおすそわけします。
そしていのししさんは……。
おすそわけを受け取る動物たちの体が大きくなっていくにつれて、おすそわけする食べ物も大きくなっていきます。
おすそわけは最終的にりすさんに戻ってくるわけですが、りすさん家族は、自分たちだけで食べるのではなく、みんなで食べることを自然に選びます。
その人柄がきらきらと光って見えます。
この絵本から、みんなで分かち合うことの大切さを教えていただいたような気がして、すがすがしい気持ちになりました。
(ymotkmさん 40代・ママ 男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮野 聡子さんのその他の作品

おかいもの なんだっけ? / おねしょちゃんとなおったね / ねんねん どっち? / ともだちのひっこし / いちばん しあわせな おくりもの / ひなまつりのちらしずし



『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

うれしい おいしい はんぶんこ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 1
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット