話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
きょだいなガチャガチャ
  • 全ページためしよみ
  • ちょっとためしよみ

きょだいなガチャガチャ

  • 絵本
作・絵: 大橋 慶子
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年08月02日
ISBN: 9784774621579

3・4歳〜 / 小学校低学年
縦216o×横264o 32ページ

みどころ

野原でたのしくあそんでいたら、巨大ななにかが転がってきた!
ゴロゴロ、ゴロゴロ――
ボールのようにも見えるけど、なんだかどこかで見たような?

「おう、ちっこいわらしだ! おれの落としたガチャガチャ、持ってきてくれたのか」

ボールを運んだ先にいたのは、大きな鬼の子どもたち!
そう、それは鬼の子たちがあそぶ、巨大なガチャガチャのカプセルだったのです!

ねじまき車に、だるま落とし。
それから太鼓に、ゲームのコントローラー?
ちょっとあそんでみるだけで、山は崩れる、池はできる、遠くでドカンと温泉が沸く――

とんでもないオモチャの数々で、鬼の子たちと大はしゃぎ!
だけどだんだん夜になり、鬼の子たちも帰っていって……

みんな大好き、ガチャガチャ!ガチャポン!
「きょだいなガチャガチャ」だなんて、もうタイトルだけでワクワクもの。

遊園地のようににぎやかで楽しい場面の連続に、はじめから終わりまで絵本にくぎづけ、まちがいなしです。

そうそう、ガチャガチャといえば、あのカプセルもいいオモチャになるんですよね。
物語が終わって最後のページ、空のカプセルを使って主人公はあるものをつくります。
自分だったらなにをつくるだろうと、想像してワクワク――
最後の最後まで、おもいっきり子ども心をくすぐってくれる、楽しい一冊です。


(堀井拓馬  小説家)

きょだいなガチャガチャ

出版社からの紹介

ゴロンゴロンと山の上から転がってきた巨大なボール。山の上にたどりつくと、そこには、またまた巨大な鬼の子たちが
なにやら列を作っています。鬼の子たちが並んでいたのは、なんと巨大なガチャガチャ‼︎‼︎
鬼の子と一緒に、ガチャガチャを回してみると、「雷」「雨」「温泉の噴火」「ミステリーサークル」「やまびこ」「奇岩」などなど、
次々摩訶不思議な自然現象が起こって……。
地球上のいろんな自然現象の正体は、この鬼の子たちのガチャガチャが引き起こしているのかもしれませんよ?
子どもも、大人も、みんな大好き、何が出てくるのか運だめし!さあ、みんなは、どんなガチャガチャを引き当てたいかな?

ベストレビュー

わくわく

表紙からひきつけられました。鬼とガチャガチャって結びつかなかったので、最初からわくわく! どんどん壮大になっていく、ガチャガチャの中身が楽しくて、ページをめくる手がとまりません!
素敵なラストまで、一気に読ませられました。
(あんじゅじゅさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大橋 慶子さんのその他の作品

新装版 そらのうえ うみのそこ / そらのうえ うみのそこ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > きょだいなガチャガチャ

【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

きょだいなガチャガチャ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット