もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
しゅくだいかけっこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しゅくだいかけっこ

  • 児童書
作・絵: 福田 岩緒
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 1章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年08月06日
ISBN: 9784569788821

小学校低学年から
A5判上製/79ページ

みどころ

かけっこ、得意ですか?

このお話の主人公のゆうまはかけっこが苦手です。体育の時間、リレーの選手を決める50メートル走のタイムで、ゆうまは、足が遅いことがクラスのみんなにばれてしまいました。走り終わったあとのみんなの反応を思い出すだけで、「運動会を休みたい…。」と思ってしまいます。けれども、ズル休みだと思われるのが嫌で、休むこともできません。
ゆうまは元気をなくしてしまいます。

そんなとき、ゆうまは、倒れていた町内のおじいちゃんを助けてあげます。いつも顔を真っ赤にして怒るので、子どもたちに、かげで「てんぐじいさん」と呼ばれているおじいちゃんでした。緊張するゆうまですが、怒っていなければ普通のやさしいおじいちゃんだとわかり、一安心。さらに、おじいちゃんは、若いころ陸上の選手だったというのです……!
「ぼくも……速く走りたい!」
ゆうまは、おじいちゃんにお願いして、毎日かけっこを特訓してもらうことになります。

スタートの練習や、走る姿勢。おじいちゃんが教えてくれることは、ゆうまが知らなかったことばかり。
「ひじをまげて! もっと 大きく 速く ふれ!」「足を もっと 前に だせっ!」
おじいちゃんの言う通り走るのは大変です。厳しい練習をやめたくなったこともありました。翌日体が痛くなったり、かえってまっすぐ走れなくなったり、おじいちゃんの言葉が疑わしく思えてくることさえありました。それでも、ゆうまは、おじいちゃんについていきます。

そして迎えた運動会の日、不安でいっぱいのゆうま。はたして練習の成果を出すことができるのでしょうか…?

50メートル走のタイムを知られて恥ずかしい気持ち、足が速い親友まさとをうらやましく思う気持ち。走るのが苦手な子はもちろん、誰もが同じような感情を持ったことがあるのではないでしょうか。心の動きが丁寧に描かれるので、子どもたちは、お話にひきこまれて、ゆうまを応援してしまうことでしょう。
おじいちゃんにかけっこの特訓をお願いする場面、ゆうまの友達への優しさなど、日常の中で読者の子どもたちの背中を押してくれるだろう場面もたくさんあります。
おじいちゃんの指導がわかりやすいのもお話の大きな魅力。読み終わったら、実践してみたくなりますよ。お話のなかに、運動ができるようになるヒントやコツが書かれているのも、「しゅくだい」シリーズのポイントですね。

苦手なこと、自信のないこと、誰にでもあるはず。けれどもその苦手なこととどう向き合っていくか、その向き合い方を子どもたちに教え、勇気づけてくれるお話です。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

しゅくだいかけっこ

しゅくだいかけっこ

出版社からの紹介

運動会のリレーの選手を決めるため、体育の時間にタイムを計ったらクラスで一番遅かった。だから、運動会に出るのがいやになった。学校から帰って犬の散歩をしていたら、町内に住む怖くて有名なおじいちゃんに公園で出会った。おじいちゃんは元陸上の選手で、足が遅いことで落ちこんでいたぼくに、特訓をしてくれることになった。
学校から帰ると、毎日おじいちゃんと公園で練習をした。スタートダッシュの仕方や、早く走るコツを教えてもらった。最初はおじいちゃんの言う通りに練習していたけれど、本当に早く走れるようになるか途中で不安になった。リレーのバトンパスが上手くできないとなやんでいた友達も、おじいちゃんにコツを教わったみたいだ。そして、運動会の日、ついに徒競走が始まって……。
運動が苦手な子でも、頑張って練習することの大切さを描いた「しゅくだい」シリーズ。かけっこが苦手な子におすすめの一冊です。

ベストレビュー

しゅくだいシリーズ

息子の好きなしゅくだいシリーズの作品です。

かけっこの苦手なゆうまが、ひょんなことから、町内のおじいさんと一緒にかけっこの練習に・・・

きっとゆうま自身にも得意なことがあると思うのですが、苦手なことばかりに目が行ってしまい、親友に嫉妬してしまうところに、子供って少しずつ成長しているのだなぁとしみじみと感じました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • みらいずかん
    みらいずかんの試し読みができます!
    みらいずかん
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    見たこともないおもちゃや乗り物がならび、わくわくドキドキ驚きの連続!

福田 岩緒さんのその他の作品

マラソンじいさん / しゅくだいクロール / しゅくだいとびばこ / 釣りに行こう! / ぼくのにいちゃんすごいやろ! / しゅくだい大なわとび



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

しゅくだいかけっこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット