しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ゾンビのホラーちゃん(1) ハロウィン大作戦
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゾンビのホラーちゃん(1) ハロウィン大作戦

  • 児童書
作: バルバラ・カンティーニ
訳: 安野 亜矢子
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年09月
ISBN: 9784579404728

小学校中学年から
48ページ A5変型

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ホラーちゃんはふつうのゾンビの女の子。
村の人々に見つからないようにひっそりと暮らしていますが、みんなとお友だちになりたくって……。
秋になり、おばけの仮装をするお祭りに参加することに。

ベストレビュー

ネーミングがいちいち面白いです。

イタリアで大人気のシリーズだそうです。
絵本というより、幼年童話みたいな作りです。
テキストとは別に絵の中に描かれている作者のコメントや置いてい合ったり描いてあったりするモノの解説や名前が面白いです。
友達が欲しいけど、村に住んでいる普通の人間たちには見つかってはいけないといわれているゾンビちゃんが、ハロウィンをうまく使って人間の子どもたちと友達になるお話です。
オソロシ屋敷とか、シンデルおばさまとか、フキツナ大おじさまとか、
ネーミングがいちいち面白いです。
ホラーちゃんは自分の目のことを
「ボールのようにまん丸で、飛びだしていて、まわりにはむらさき色のくまができています。」って、いかにも怖い目なんだよと表現してますが、私には犬のメランコリーの目の方が怖かったです。
(どんな目かは書きません。ぜひ、読んでみてください)
読みやすくて、ちょっぴり怖くて面白いお話なので、たくさんの子どもたちに読んでもらいたいです。
小さい文字でコメントや名前が書かれているので読み聞かせには不向きです。ひとり読みで、5,6歳くらいからいかがでしょうか。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


バルバラ・カンティーニさんのその他の作品

ゾンビのホラーちゃん(2) わがままデーモン


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ゾンビのホラーちゃん(1) ハロウィン大作戦

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

ゾンビのホラーちゃん(1) ハロウィン大作戦

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット