わたしたちのえほん わたしたちのえほん
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
マックス 宇宙ステーションへ行く 犬のマックスとの科学冒険
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マックス 宇宙ステーションへ行く 犬のマックスとの科学冒険

  • 絵本
著: ジェフリー・ベネット
イラスト: マイケル・キャロル
訳: 紺野 市四郎
序文: 的川 泰宣
出版社: 勉誠出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年07月
ISBN: 9784585240105

A4判変形・上製 32 頁

出版社からの紹介

宇宙飛行士の山崎直子さんが推薦!!
親子で楽しく読める、学べる科学絵本
NASAの「宇宙ステーションからの読み聞かせプログラム」に選ばれ、宇宙飛行士の若田
光一さんが日本語で朗読して、話題となったMax Goes to the Space Station: A Science
Adventure with Max the Dogの待望の翻訳。

◎導入(あらすじ)
ある日、トーリが犬のマックスと公園で遊んでいると
女の人が「あなたの犬、すごいわね!」と話しかけてきました。
なんとマックスは、宇宙旅行をする犬
にスカウトされたのでした。
ついにロケット打ち上げの日がきました。
「5…4…3…2…1…発射!
国際宇宙ステーションに行く犬第1号です!」
さあ、冒険のはじまりです。
無重力空間でいったいどんな体験・事件が
待ち受けているのでしょう・・・。

◎本書の特色
・2013年、米国物理学協会サイエンスコミュニケーション賞(the American Institute of
Physics Science Communication Award)受賞、2016年、NASAの宇宙からの読み聞かせプ
ログラム(Story Time From Space)に選ばれた「Max the Dogシリーズ」の1冊で、犬の
マックスが国際宇宙ステーションに行く物語。
・マックスの冒険を通じて、宇宙や科学への好奇心・探求心、仲間と協力して物事を成し
遂げる力、地球や平和を大切に思う心を育むことができます。
・無重力で人はどうなるの? 宇宙飛行士は宇宙でどんな生活をしているの? 宇宙では
どうやって時間を知るの? 国際宇宙ステーションって何? そんな宇宙の疑問・謎をわ
かりやすく解説した19のコラムを収録。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


的川 泰宣さんのその他の作品

宇宙探査大図鑑 / 的川博士の銀河教室 / 「はやぶさ」がとどけたタイムカプセル 〜7年、60億キロの旅〜 / できかた図鑑 なりたち・しくみがよくわかる / はじめてのうちゅうえほん / 宇宙ロケットのしくみ


絵本ナビホーム > 一般 > 絵本 > 天文・地学 > マックス 宇宙ステーションへ行く 犬のマックスとの科学冒険

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

マックス 宇宙ステーションへ行く 犬のマックスとの科学冒険

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット