お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい
企画・原案: 加藤 信巳 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
電子マネー時代だからこそ、身につけたい金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ねずみちゃんとなかまたちのキラキラクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねずみちゃんとなかまたちのキラキラクリスマス

  • 絵本
作: サム・タップリン
絵: アリソン・フレンド
訳: やまぐち りりこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年10月15日
ISBN: 9784865491845

2、3歳から
22×22p  10ページ

みどころ

「あーあ、ぜんぜんクリスマスっぽくないわ」

今日はクリスマスイブだというのに、ねずみちゃんはつまらなそう。
何が足りないのでしょう。
そこでもぐらくんは言います。

「そうだ! キラキラをさがしにいこうよ!」

ねずみくんともぐらくんは、キラキラを探しに森を歩いていきます。
すると、最初に見つけたのは、うさぎさんのおうち。
キラキラが3つもあります。
「まあ、すてき!」
ねずみちゃんは嬉しそう。さらに進んでいくと、そこにはもっと沢山の……。

確かにキラキラって魅力的。ねずみちゃんと一緒に増えていくキラキラを眺めながら、大人も改めてそう感じてしまうのは、この絵本が本当にキラキラと光るから!

絵本に組み込まれた電球がともり、ページをめくるたびにどんどん輝きを増していきます。最後に登場するのは、もちろん大きくて立派な「クリスマスツリー」。表紙のタイトルがキラキラしているのも大きなポイントですね。クリスマスを待つ時のワクワク感を盛り上げるために、大いに役に立ってくれることは間違いなしのクリスマスしかけ絵本です。


(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ねずみちゃんとなかまたちのキラキラクリスマス

出版社からの紹介

今日はクリスマスイブ。だけど、ねずみちゃんはなんだかつまらなそう。そこで、もぐらくんがいいました。「そうだ!キラキラを探しにいこうよ!」ー家々の窓明かり、お星さま…、森にはいろいろなキラキラがありました。さいごは大きなクリスマスツリーを囲んでなかまたちとすてきなパーティーがはじまります。

表紙を開くと、絵本に組み込まれた電球がともります。

ベストレビュー

キラキラ!!!

こういう絵本が出始めると、冬の訪れが近いのとクリスマスのわくわく感を感じてきますね。
こちらのクリスマス絵本は、題名にもあるようにキラキラが魅力的な1冊に思いました。
このキラキラが、クリスマスの楽しさと輝きをまた増していますね。
イラストも可愛くて、大人が読んでも癒されます。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

やまぐち りりこさんのその他の作品

ぱんだんす / あかちゃんからあそべるしかけえほん みんなだいすきクリスマス


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ねずみちゃんとなかまたちのキラキラクリスマス

あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

ねずみちゃんとなかまたちのキラキラクリスマス

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット