話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
ちきゅう  45おく4,000まんねんの おもいで

ちきゅう 45おく4,000まんねんの おもいで

  • 絵本
作: ステイシー・マカナルティー
絵: デイビッド・リッチフィールド
訳: 千葉 茂樹
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年08月08日
ISBN: 9784097268253

判型/頁:B12取変型/36頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

<ちきゅう>本人が語る、地球の歴史と科学

45億4,000万年前に生まれた、わたしたちの地球。
人類が誕生したのは、つい最近のことだけど、それまでにどんなことがあったのか、<ちきゅう>本人が語ります。
大陸の移動、隕石の衝突、生き物の誕生、そして、人間との関係。
地球にまつわるさまざまなテーマを、キュートな絵とやさしい語りでテンポ良く紹介していく絵本です。

「わたしたちがすんでいる地球。
山や川、海があって、それぞれのところに、
とてもたくさんのいきものが、わたしたちといっしょに生きている。
そんなすてきな地球について、この本で学んでみよう!」

国立天文台 渡部潤一教授

【編集担当からのおすすめ情報】
大好評の宇宙科学絵本『たいよう』『つき』に続き、第3弾はいよいよ『ちきゅう』。
わたしたちがすむ地球のことを学べる、STEM教育にもピッタリの絵本です。
読み終わった後は、地球のことをもっと大切にしなくちゃ、という気持ちが芽生えます。

ベストレビュー

このシリーズわかりやすいです。

地球が出来てから現在までのことを、地球自身がわかりやすく語る宇宙科学絵本です。太陽系の惑星は兄弟で、他の銀河系の惑星はいとこ。 冥王星はペットで、衛生はともだち。幼児〜低学年にも分かりやすく、子どもは飽きずに最後まで集中して聴いていました。地球の一生を定規に例えたものが親目線では良かったと思いました。地球の歴史が良くわかる絵本でした。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ステイシー・マカナルティーさんのその他の作品

つき ちきゅうの いちばんの ともだち / たいよう 1,000おくに ひとつの たいせつな ほし

デイビッド・リッチフィールドさんのその他の作品

クマとこぐまのコンサート / イヌと友だちのバイオリン / クマと森のピアノ

千葉 茂樹さんのその他の作品

最後のひと葉 / 秘密の大作戦!フードバンクどろぼうをつかまえろ! / 火星は… / パラリンピックは世界をかえる ルートヴィヒ・グットマンの物語 / わたしが鳥になる日 / ジョナスの かさ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 天文・地学 > ちきゅう 45おく4,000まんねんの おもいで

Z会の小学生向け新教養書「99%シリーズ」の魅力を紹介!

ちきゅう 45おく4,000まんねんの おもいで

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット