季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
こども六法

こども六法

  • 児童書
著: 山崎 聡一郎
出版社: 弘文堂

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年08月
ISBN: 9784335357923

A5判/202ページ

出版社からの紹介

いじめや虐待は犯罪です。
人を殴ったり蹴ったり、お金や持ち物を奪ったり、SNSにひどい悪口を書き込んだりすれば、大人であれば警察に捕まって罰を受けます。
それは法律という社会のルールによって決められていることです。

けれど、子どもは法律を知りません。
誰か大人が気づいて助けてくれるまで、たった一人で犯罪被害に苦しんでいます。
もし法律という強い味方がいることを知っていたら、もっと多くの子どもが勇気を出して助けを求めることができ、救われるかもしれません。

そのためには、子ども、友だち、保護者、先生、誰でも読めて、法律とはどんなものかを知ることができる本が必要、そう考えて作ったのが本書です。
小学生でも読めるように漢字にはすべてルビをふり、法律のむずかしい用語もできるだけわかりやすくして、イラスト付きで解説しています。

大人でも知らないことがたくさんある法律の世界、ぜひ子どもと一緒に読んで、社会のルールについて話し合ってみてください。

ベストレビュー

いじめで悩んでいる君に

子供向けにわかりやすく書かれた法律の本・・ということですが、
正直、法律解説部分に関しては
かみ砕いた文になっているとはいえ、
わかりやすいか・・と問われれば、簡単にはうなづけないです。
ただ
この本の一番の肝は、
最後のパートに書かれている、
「いじめで悩んでてるきみへ」という部分なんだと思います。
そもそも著者が、いじめの被害者であり加害者でもあったということで
「当時の自分に法律の知識があれば、自分で自分を守れたかもしれない」という発想のもと書かれたものだそうで
最後のそのパートには、いじめられているときの具体的な証拠集め指南が書かれています。
きっと、この本が必要な人がいるんだと思います。
必要な人がいる限り、この本には意味があると思います。
(やこちんさん 50代・ママ 女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山崎 聡一郎さんのその他の作品

こども六法ネクスト おとなを動かす 悩み相談クエスト / 明日、学校へ行きたくない 言葉にならない思いを抱える君へ / こども六法すごろく


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 法律 > こども六法

4月の新刊&オススメ絵本情報

こども六法

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット