話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

歴史探偵アン&リック(4) 鹿鳴館の恋文
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

歴史探偵アン&リック(4) 鹿鳴館の恋文

  • 児童書
作: 小森 香折
絵: 染谷 みのる
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年10月15日
ISBN: 9784036359400

小学校高学年から
19cm×13cm/194ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

イギリスからの留学生ボビーが、アンの家に見学にやってきた。
ボビーのひいひいおじいさんは、外交官秘書として明治時代の日本にきて、鹿鳴館で、ある女性と恋におちたらしい。
アンとリックは、その女性・スズコのなぞをとくのに、協力することになる。

ファッション大好きでセンス抜群なアンと、クールな歴史マニアのリック、性格が正反対の2人が活躍する歴史ミステリーシリーズ第4弾!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「ええと、鹿鳴館は3年がかりで、明治16年(1883年)に完成した。二階建てで総レンガづくり。総工費はおよそ18万円。」
「安い。」
「明治時代のお金だからね。いまだったら億単位の値段だよ。外務省予算がなくなるような大金だったって書いてある。」
「ダンスパーティのために、そこまでしたの? よっぽどダンスをしたかったのね。」
「てか、日本も西洋なみのことができるってアピールをしたかったんだ。〜」(本文より)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小森 香折さんのその他の作品

かわうそモグ / ウパーラは眠る / ロミオとジュリエット / 稲妻で時をこえろ! / 夢とき師ファナ / ヘンゼルとグレーテル

染谷 みのるさんのその他の作品

角川つばさ文庫 未来のミライ / 歴史探偵アン&リック(3) 源氏、絵あわせ、貝あわせ / 歴史探偵アン&リック(2) 壇ノ浦に消えた剣 / 妖精のロールパン / 歴史探偵アン&リック(1) 里見家の宝をさがせ! / 妖精のパン屋さん


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > 歴史探偵アン&リック(4) 鹿鳴館の恋文

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

歴史探偵アン&リック(4) 鹿鳴館の恋文

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット