まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
森の診療所ものがたり〜カモの子がやってきた〜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

森の診療所ものがたり〜カモの子がやってきた〜

  • 児童書
作: 竹田津 実
絵: 岡本 順
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年10月28日
ISBN: 9784036355204

小学校高学年から
19cm×13cm/160ページ

出版社からの紹介

絵本「どうぶつさいばん」シリーズ、ノンフィクションで映画化もされた『子ぎつねヘレンがのこしたもの』などの作品で知られる竹田津実氏のフィクション。街で家畜診療所の獣医師をしながら、森の近くの自宅でときどき自然の中の病んだ生きものの脈をとる仁科源三郎医師。運び込まれる野生動物は、野生にもどすことを目指して診ている。ある日子どもたちが、ふ化してまもないカルガモのヒナを4羽連れてきた。親ガモがちょっと出かけたすきに子ガモだけが残されているのを見て、連れてきてしまったのではないか? 「きみたちは誘かい犯だ!」と、一緒に拾ったところまで戻るが、時すでに遅し。親ガモは見つからない。人間の手でカモのヒナを育てるのは大変なこと。獣医師とて知らないこともあり、試行錯誤を繰り返しながら、子ガモを育てて、巣立ちをさせるまでを描く。柔らかなイラストに独特の魅力ある文章で、読者も一緒に子ガモを育てる気分にひたれる。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹田津 実さんのその他の作品

ヒグマ / クマゲラ / キタリス・ウーと森のお医者さん / 恋文 ぼくときつねの物語 / 北国からの動物記(8) エゾリス / 北国からの動物記(7) タヌキ

岡本 順さんのその他の作品

キダマッチ先生!(4) 先生 町へ いく / シャイローと歩く秋 / おれんち、動物病院 / キダマッチ先生!(3) 先生 手紙を かく / キダマッチ先生!(2) 先生 かんじゃを 食べちゃった!? / キダマッチ先生!(1) 先生 かんじゃに のまれる


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > 森の診療所ものがたり〜カモの子がやってきた〜

『ちかてつ もぐらごう』大森裕子さんインタビュー

森の診療所ものがたり〜カモの子がやってきた〜

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット