もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ゾウのともだち フンパーディンク
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゾウのともだち フンパーディンク

  • 絵本
作: ショーン・テイラー
絵: クレア・アレクザンダー
翻訳: 青山 南
出版社: マイクロマガジン社 マイクロマガジン社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年09月27日
ISBN: 9784896378924

3歳

関連するスペシャルコンテンツ


【選定中】ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みどころ

人間の保育園に「あたらしい子」として入ってきたゾウのフンパーディンク。
なんで保育園に来たんだろう? 大きいジャングルのほうがぴったりなのに。
子どもたちは不思議がります。
フンパーディンクはずんずん部屋に入ってきて嬉しそう。

みんなはフンパーディンクと遊ぼうとします。
着せかえごっこや、かくれんぼ、美容師さんごっこ。
そして、大好きなすべりだい!
でも大きなからだのフンパーディンクでは全然うまくいきません(あたまには毛もないしね……)。

フンパーディンクも子どもたちもしょんぼり。
そのとき、「フンパーディンクのすきなことを、みんなとしない?」と提案した子がいました。
さあ、歩き出したフンパーディンク……どこへ向かうのでしょうか?

素朴な線とやさしい色彩で描かれる保育園や遊び場。
小山のような体のゾウと、小さな子どもたち。
一緒に遊べることがうらやましくなっちゃう。

青山南さんの軽快な訳で、ゾウのフンパーディンクと友だちになって思い切り遊ぶ、楽しい世界に飛び込んでみてください!
子どもたちがあれこれ工夫しながら笑顔で遊ぶ姿に、あたたかい爽快感が残る絵本です。



(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ある日保育園にやってきたのは、おおきなゾウのフンパーディンク。

にんげんの子どもたちとあそびたくて、次々やってはみるけれど……
みんなとちがうおおきな体では、なにひとつうまくできません。
しょんぼりするフンパーディンクに、女の子がそっと声をかけました。

ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話。

ゾウのともだち フンパーディンク

ゾウのともだち フンパーディンク

ベストレビュー

こどもはこどもで。

 ある日、保育園に新しいともだちが来ました。なんとぞうさんです。こどもたちは新しいものには興味津々、それもにこにこやさしいぞうさんでした。色々な遊びでぞうさんとなかよくしようとしますが、体が大きく、毛もなく、人間とは違うぞうさんとはうまくいきません。しかもみんなが一番大好きな、みんなで遊べるすべり台が壊れてしまう。ぞうさんもみんなもしょんぼりした瞬間、女の子がそっとぞうさんにゆだねてみます。
すると、ぞうさんはぞうさんのいいところをありったけ出します。しかも、自然に。ぞうさんの表情も一気に変わり、ぞうさんを中心としたこどもたちの結びつきが出来上がります。ぞうさんがリーダーのようにも見えますが、そうではなく、みながみな、みんながより楽しいものを求めて保育園の外に出ていきました。みんなが確実に成長、自分らしくなった素晴らしい瞬間でした。
 ふりかえって初めの部屋を見ると、みな個々に遊んでいます。そしてみなを結びつけるのはすべり台でした。とっても楽しい、そのみんなを結びつけるすべり台が壊れてみんなが戸惑うのですが、そこはこどもの知恵で解決。自然の中でみんなで遊ぶのって最高だね!とみんな思いはじめました。いや、そうではなく、はじめからそれを求めていたのだと思います。
 この絵本には大人が登場しません。こどもたちはこどもたちで解決できるんだよ、と教えてくれているようです。我々大人はこどもたちに関わりすぎなのかもしれません。おもちゃを与えるのでなく、自然に連れて行ってあげるのが一番なのでしょう。そしてその場でこどもたちは自分たちであそびを作り、育っていくのでしょう。

 もう50歳間近のおじさんですが、こどもの頃からぞうが大好きでした。ぞうの絵本と言えば『まいごになったぞう』。ぞうのあかちゃんの姿が美しくて、今でも手元にあります。
 今回それをしのぐようなぞうの絵本に出会いました。こどもどうしの結びつきを描いた、ものすごく素敵な絵本です。是非ともこどもたち、そしておとなたちにも読んでいただきたい絵本と思いました。
(twinkさん 40代・パパ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

ショーン・テイラーさんのその他の作品

ホーホーはらへりフクロウさまだ! / ねないこせかいチャンピオン

青山 南さんのその他の作品

くさいくさいチーズぼうや&たくさんのおとぼけ話【新版】 / トロピカルテリー / ぼくがいちばんききたいことは / あしたはきっと / ベンソン先生にあたしはきっと★はもらえない / このいえも むかしは



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

ゾウのともだち フンパーディンク

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット