話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
みどりとなずな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みどりとなずな

俳句: ねじめ 正一
監修・構成: 五味 太郎
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年10月04日
ISBN: 9784861013713

出版社からの紹介

ねじめ正一さんが、自身の母・みどりさんの介護を通じてつづった俳句を、五味太郎さんがアートディレクターとなって絵本化。「介護俳句」を、これほどアーティステッィクに表現した絵本はほかにありません。俳句を愛する五味さんが、ねじめさんが俳句に込めた思いを読み解き、「俳句を読むための絵本」となりました。綴じ込みリーフレットには、ねじめさんの全30句の解説と、ねじめさん×五味さんの「母」対談を収録。

ベストレビュー

俳句だって絵本になる                   

「俳句絵本」です。
 書かれているのは俳句ですが、句集ではなく「俳句絵本」です。
 俳句が絵本になることよりも、俳句さえ絵本にしてしまう絵本の懐の深さに驚いてしまいます。
 俳句を詠んだのは詩人で『高円寺純情商店街』で第101回直木賞を受賞した作家でもある、ねじめ正一さん。
 絵を描いたのは絵本作家の五味太郎さん。
 五味さんといえば独特のタッチで数多くの絵本を描いてきた有名な絵本作家ですが、この絵本はそんな五味さんのタッチではなく、ねじめさんの俳句をじゃますることなく、それでいて俳句と寄り添いながら、絵だけ見てても俳句の世界に入れる、そんな世界観になっています。

 この絵本で詠まれている俳句は全部で30句。
 ねじめさんのお母さんの看護のさまが詠まれています。
 例えば、こんな句。「病院の母と二人の雛祭り」。
 ベッドで酸素マスクをつけている母を見るのは息子として辛いでしょうが、こうして俳句になればどこか突き抜けた感じがします。
看護の甲斐空しくお母さんは2017年9月に亡くなります。
 その時詠んだ句。「九月の酸素マスクの母が逝く」。
 こんな句が続きます。「みどりの名酸素マスクの紐に書く」。
 タイトルの「みどり」はお母さんの名前だったのです。

 では、「なずな」。
 お母さんが逝ったあと、ねじめさんに孫娘が生まれます。
 その子の名前が「なずな」。
 詠んだ句が「母逝ってなずな生まれる宇宙あり」。
 そんないのちの句に五味さんは色と形だけで応えている、そんな「俳句絵本」です。
(夏の雨さん 60代・パパ )

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ

ねじめ 正一さんのその他の作品

はなやのおばさん / とうさんの てじな  / 惚れるマナー / ぞうさんうんちしょうてんがい / からっぽマヨネーズ / としおくんむし

五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / 特別版 らくがき絵本 えんぴつ付セット / とりあえずまちましょう / 紙芝居 いっぱい ついてる! / とりあえずありがとう / 五味太郎 おでかけすごろく[上製版]



【連載】9月の新刊&オススメ絵本

みどりとなずな

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット