話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ

きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ

  • 絵本
著: 荒井 良二
出版社: NHK出版

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年09月05日
ISBN: 9784140361351

判型:A4変型判/ページ数:32ページ

出版社からの紹介

荒井良二3年ぶりのオリジナル絵本

「きょうもあしたも特別な日。毎日はかがやいている」。愛馬“あさやけ”とともにお祝いの旅に出た“ぼく”が出合う、たくさんのうれしくて、しあわせな瞬間。毎日はよろこびと感謝の連続で、世界はどこまでもつながっている。日常にちりばめられたまばゆいひとコマを、豊かな色彩とやさしいまなざしで描いた、子どもから大人まで心温まる物語。

ベストレビュー

決意のイエロー

黄色く朝焼けに染められて、自分の可能性と決意を宣言するような、強い意志表示の絵本です。
きっと荒井良二さんの多用する黄色は、勝負カラーなのですね。
まぶしさが際立って、少しスリリングな絵本だと思います。
朝焼けの黄色は、次第に色を変えて青い世界に包まれるでしょう。
長い一日の中で、今の自分が満たされますように。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


荒井 良二さんのその他の作品

はっぴーなっつ / こどもたちは まっている / あいうえおさん / まよなかのくしゃみたいかい / 水の絵本 / まめしば


絵本ナビホーム > 一般 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ

2022年夏に読みたい 出版社いちおしの絵本・児童書・図鑑8選!

きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 1
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット