季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
おもいおいも
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

おもいおいも

  • 絵本
作: 木坂 涼
絵: どう なつみ
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2019年09月18日
ISBN: 9784774621852

2・3歳〜 / 3・4歳
210ミリ×188ミリ×8ミリ 26ページ

みどころ

えっさ ほいさ おもい おいも
えっさ ほいさ おもい おいも

重ーいお芋を運んでいたら……ぷっ。
だれか、おならしたのかな?

またまた、えっさほいさと運んでいたら……ぷっ、すーう。

運んでいた動物たちのひとりが、言います。
「だっておいもがすごーく重いから、ついおならが出ちゃうんだよ。おいもが重すぎるんだよ!」
すると、どこからか、めそめそ、しくしく泣き声が聞こえてきて……?

さあ、泣いていたのはだーれだ?
ここはタネあかしせず読んでもらいたいところなのですが、
ヒントは、おいもがとってもチャーミングで美人な(……に見える)こと!

言葉遊びのような「おもい」「おいも」の「おもい」がわかる!
木坂涼さんのおおらかな言葉のリズムと、どうなつみさんのやさしいタッチのイラストが愛らしい。
最後は、ほくほくのお芋を食べて、みんな笑顔になります。
で、最後はやっぱり……「だれか、……した?」

収穫の秋にぴったり。
お芋を食べる幸せいっぱいの絵本です。


(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

みんなで大きなおいもを運んでいると、どこかからだれかの泣き声が。すると「重い重いってひどいわ」とおいもが大泣きしています。みんなびっくりして今度はだいじに運んでいくと、満足そうにおいもはうっとり。落ち葉のドレスをまとって「てんかいっぴん、ぴかぴかの、ほかほかのやきいもにしてくださいましね!」といったおいもは、あまくてほくほくのやきいもに。
リズミカルな文章に、動物のだれかがおならをするなどユーモアもたっぷり!
おもいおいものおもいがわかる愉快でほくほくする絵本です。

おもいおいも

ベストレビュー

皆で楽しい

みんなでおもーい大きなおいもを運ぶお話です。
えっさ、ほいさ、という掛け声のリズムが良く、
また、おもいおいものおもい等語呂合わせがいい文章もまじって
楽しく読み進められます。
皆で楽しく食べたり、最後はおならまで!要素が盛り沢山です。
お芋さんのキャラもよくって想像した声色にしてみたり、読み手も楽しめます。
読み終わった後は、息子と、ふかし芋がすぐには手に入らなかったので、おやつに干し芋を一緒に食べました。
(ミュさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


木坂 涼さんのその他の作品

おてんきガールズ きせつのおでかけ / くまのルイス / もしかして… / かいじゅうごっこ / いえがあるっていいね / 教科書にのってるどうぶつの赤ちゃん(5) シロクマ



3月の新刊&オススメ絵本情報

おもいおいも

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット