なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ゾウ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゾウ

  • 絵本
作: ジェニ・デズモンド
訳: 福本 由紀子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年09月15日
ISBN: 9784776408949

30×25p 41頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

大きな体、大きな耳、長い鼻。
陸でいちばん大きなほ乳類、ゾウ。
動物園の人気者で、子どもたちの憧れでもあり。
そんなゾウは、野生の中ではどんなふうに生きているのでしょう。

彼らはとても頭がよくて、記憶力がすごい。
遊び好きで、楽しいことが好き。
皮ふはかたくて革のように見えるとしても、とても繊細で敏感。
足のうらは平らに見えるけど、実はつま先立ちをしている!?
耳は、キバは、鼻は、家族は……?

子どもの視点で次々にゾウのあれこれを教えてくれるこの絵本。そのダイナミックな体のつくりに、迫力の生態に、思いもかけない繊細さに、だんだんと誇らしい気持ちになっていくのは大人の私も同じ。

だって、自分が大好きな動物がどんなにすごいのか、どんな驚きの特性があるのか、そういう話をひたすら並べてくれるのです。わかりやすく、身近な視点で、かっこよく。これはもう宝物になりますよね。

だけど、この絵本が伝えてくれるのは、それだけではありません。地球におけるゾウの役割はとても大きく、大切なもの。それなのに絶滅の危機にあるのです。どうしたらいいのでしょう。

まずは興味を持って知ること。そして何ができるのか考えること。彼らのことを思い出したら、何度だって絵本を開いてみればいいのです。図鑑とはまた違う、特別な魅力のある1冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

男の子がゾウの本を取り出し、読み始めた。ゾウは陸で一番大きなほ乳類。なにを食べているの? 大きな耳はなんのため? 長い鼻はどう使うの? 動物園の人気者ゾウは、野生の中ではどんなふうに生きているのかな。ゾウのあれこれを子ども目で楽しくつたえます。

ベストレビュー

ゾウのあれこれ

ゾウに関するいろいろな情報が紹介された一冊です。

動物に関する本は、どれを取っても興味深く、同じ情報でも、違う写真や絵で見ると、何だか新鮮に感じるから不思議です。
何度も何度も見て、知識を得て、楽しんでいきたいなと思いました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジェニ・デズモンドさんのその他の作品

ぼくらはなかよし、ラン、ラン、ラン! / ホッキョクグマ / シロナガスクジラ

福本 由紀子さんのその他の作品

おばあちゃんの ちょうちょ / ほんとうのことを いってもいいの?



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

ゾウ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット