これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
なかよしの水 タンザニアのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なかよしの水 タンザニアのおはなし

  • 絵本
作: ジョン・キラカ
訳: さくま ゆみこ
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年09月02日
ISBN: 9784890139996

読んであげるなら4歳から
ひとりで読むなら小学校低学年から
A4判・上製・30ページ 総ルビ

出版社からの紹介

知恵を出しあい みんなで なかよく くらそう!

川の水とひきかえにいけにえを差し出すようワニからいわれた動物たち。
どうするかを話し合いますが…? ティンガティンガ絵本、第2弾!


民話の宝庫、アフリカ。タンザニアで生まれ育った作者キラカは、
村の人たちからさまざまなお話を聞いて書きとめ、それをもとに絵本をつくっています。

今作には、前作『ごちそうの木』と同じように、日照りがつづいて困っている動物たちが登場します。
今回のモチーフとなる「水」は、
天候と結びついた暮らしをしているアフリカの人々にとっても大切なものです。

タンザニアの民族画「ティンガティンガ」を学び、独自の画風を確立したキラカの絵本は、
日本のほかにもスイス、ドイツ、スウェーデン、アメリカなど多くの国で翻訳出版されています。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョン・キラカさんのその他の作品

ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし / いちばんのなかよし / チンパンジーとさかなどろぼう

さくま ゆみこさんのその他の作品

シャイローと歩く秋 / ノウサギのムトゥラ 南部アフリカのむかしばなし / 岩波少年文庫 キバラカと魔法の馬 アフリカのふしぎばなし / 怪物があらわれた夜 〜『フランケンシュタイン』が生まれるまで〜 / メリークリスマス-世界の子どものクリスマス- / 風がはこんだ物語



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

なかよしの水 タンザニアのおはなし

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット