しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
うっかりおじさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うっかりおじさん

  • 絵本
作: エマ・ヴィルケ
訳: きただい えりこ
出版社: 朔北社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うっかりおじさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年08月25日
ISBN: 9784860851330

250mm×200mm・上製・40頁

この作品が含まれるテーマ

みどころ

絵本を開いてすぐ、ちょっとおっかない表情をしたおじさんが、話しかけてくるところからこのお話は始まります。

「きみ、ちょうどいいところにきてくれた!
 めがねが見つからないんだ。みなかったかい?」

え? わたし?
とまどいながらも、そーっと黒ぶちのめがねを差し出すと……

「そう! これ、これ!」

おじさんがあまりに嬉しそうな顔をしているから、つい。
いたずらしたくなって、おじさんのめがねをかけてみる。
あっ、 視界がぼやけて気持ち悪い!
おじさんも怒ってる。

めがねを返すと、今度はおじさん、帽子を見なかったかと聞いてくる。
ほんとにうっかりなんだから。


……何をしているのかと言うと、絵本の中のおじさんとやり取りをしているのです。
このおじさん、すっとんきょうな顔をしているんだけど何だか憎めない。
紳士らしく素敵な恰好をしているんだけど、肝心なところで抜けている。
つまり、とってもチャーミング!

読者とやり取りをしながらこんなに笑っちゃうなんて、ありそうでなかったこの絵本。遠くスウェーデンからやってきたなんて驚いてしまうくらい、その会話のセンスが日本的なのです。日本の子どもたちも、きっと大喜びしながらおじさんに「突っ込み」を入れるのでしょうね。

おっと、わすれてた。
本作は、スウェーデンのすぐれた絵本に贈られるエルサ・ベスコフ賞を受賞されたそうですよ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

うっかりおじさん

出版社からの紹介

スウェーデンの優れた絵本に贈られるエルサ・ベスコフ賞受賞

上品な紳士「うっかりおじさん」が大変なことに…!!

「〇〇〇みなかったかい?」と、うっかりおじさんが読者に話しかける形で、お出かけの準備が進んでいく絵本。読者は時々、めがねをかけたり、変なものを渡したり、「うっかりおじさん」との楽しいやりとりも。さてさて、身支度を整え、出かけようとするうっかりおじさんですが……。あら、大変!とても大切なものを忘れていますよ!その結末に思わず笑っちゃう、ユーモアたっぷりスウェーデンの絵本です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きただい えりこさんのその他の作品

わたしも水着をきてみたい



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

うっかりおじさん

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット