オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ジョージ大好きさん 40代・ママ

こっちも楽しいよ
ワタナベさんという絵本が好きだったので…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
よるのまんなか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よるのまんなか

  • 絵本
  • 児童書
作・絵: おくはら ゆめ
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年09月
ISBN: 9784652203392

幼児〜小学校低学年
A5変型判 56ページ

みどころ

真夜中……目をさましたのはだれでしょう?
絵本作家おくはらゆめさんが幼年童話の形で描く、「よるのまんなか」5つのかわいいおはなし。

1つめの「よるのまんなか れいぞうこ」は、台所の「れいぞうこ」が夜に目をさまし、散歩に出かけます。
お気に入りの宇宙の図鑑をもって。
お月さまと図鑑を見比べ、どこかにある星座に思いをはせて……。
そのとき空から赤い星が落ちてきて、畑で見つけたあるものを、「れいぞうこ」はそっとポケットにしまいます。
うちの冷蔵庫の中にあるのも、もしかしたら「よるのまんなか」に散歩に出て拾ってきたものかも。
そう思うとドキドキしてきます。

ほかに「よるのまんなか かまきりくん」「よるのまんなか みずたまり」「よるのまんなか あかちゃん」「よるのまんなか チューリップ」の4つ。

おくはらゆめさんが、ひかえめな色彩で、何かこっそり夜の秘密をひそませたような線で、のびのびと絵を描きます。
「もんもん ぱろるう うん ぽわか」(「よるのまんなか あかちゃん」より)といったオノマトペや、「こいしても おなかはすくさ さんまやく」の俳句(『よるのまんなか かまきり』より)など、言葉の魅力もたっぷりです。

みずたまりも、あかちゃんもチューリップも、まどろみながら誰かのそばにいて、しあわせそう。
みんなの「よるのまんなか」を想像して、わくわく、夢を見たくなっちゃう。
夜だけど、ねむりたくない子にはぜひどうぞ。
もちろん、ねむるのが好きな子にも。

どの見開きページにも絵が添えられ、本文はすべて平仮名。
はじめての一人読みにぴったりです。
小さいお子さんには、入眠前に1話ずつ読み聞かせをするのもおすすめですよ。


(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

みんながねむっている、よるのまんなか、そこには別の時間が流れている。よるのまんなかの、ささやかで心に残るな時間を描いた、5つの連作どうわ集です。さんぽにでかけて星空を見上げている〈れいぞうこ〉。恋をしてねむれなくなり、ひるとよるが逆転してしまった〈かまきりくん〉。こどもたちがにぎやかに遊んでいたようすをひとり静かに思いだしている〈みずたまり〉……。おなじ場所でも、ひるまとよるはちがう表情を見せてくれます。想像力がゆたかにふくらむ5つのおはなし。


◆編集者コメント◆


絵本『シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる』で日本絵本賞を受賞した絵本作家が、想像力がゆたかにふくらむ夜の魅力を描いたおはなし。絵も夜を表現するための特色刷りでたっぷり入ります。絵本から読みものへのステップにもぴったりのおはなしです。

ベストレビュー

もんもん ぱろるう

ゆめさん大好きなおくはらゆめさんの幼年童話です。
ちいさなお話が全部で5つ載っています。
最後のおはなし「よるのまんなか ちゅーりっぷ」が、時系列的には一番初めのおはなしだったようです。
どのお話も短いですがとても素敵でした。
個人的には「みずたまり」の話と、「あかちゃん」の話が好きです。
みずたまりが まばたきすると、あめんぼが およいだみたいに みなもがゆれました。って、表現素敵です。
「あかちゃん」では夜目を覚ました赤ちゃんを、毛むくじゃらの大きな生き物(?)が抱っこして、しばらく町を散歩するところもいいです。その時何度か聞こえてくる子守歌らしき歌があります。
 もんもん ぱろるう
 うん ぼわか
 もんもん ぱろるう
 うん ぽわか
って、口に出していってみたらすごく響きがよかったです。
ちょっとお経みたいですけど。何度も言っていると、ほんとに眠くなりそうです。
「かまきり」が作った俳句もどれも捨てがたい面白い出来でした。このかまきり、俳句の才能あります。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

おくはら ゆめさんのその他の作品

きつねのしっぽ / うさぎになったゆめがみたいの / うんめぇ めぇし(1) のはらのごはん / おしょうがつのかみさま / つっきーとカーコのけんか / わたしといろんなねこ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

よるのまんなか

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット