話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
境い目なしの世界
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

境い目なしの世界

  • 児童書
著者: 角野 栄子
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年09月
ISBN: 9784652203385

中学生〜
B6判 159ページ

みどころ

ミリが名前を口にした男の子が、またひとり学校から消えた――

主人公ヤエは、クラスメートのミリが名前を口にした男の子が、いつのまにか学校からいなくなっていることに気づきます。
ミリはどちらかというと女の子には嫌われるタイプの女の子。男の子には超人気で通称女王様と呼ばれています。すこし引っ込み思案で、まじめな性格のヤエとは正反対。

奇妙に思っていたある日、ミリの口から、ヤエが気になっている男子コウの名前がでてきてしまいます。
そして、ミリとコウはふたりして、学校から消えてしまったのです。

音信不通で、学校にもこなくなったふたりのことが、気になってしかたのないヤエ。
そんな中、街でコウの姿を見つけ、その後を追ったヤエは、不気味な場所に足をふみいれることに――

2018年に国際アンデルセン賞を受賞した、「魔女の宅急便」で知られる角野栄子さんの新境地!
スマホやLINEといった現代的なキーワードの散りばめられた本文を、いったいどんな話なんだろうとワクワクしながら読み進めていくと――

学校から消えた人たちが通っていた、秘密のたまり場。
こっそり売買される、謎のゲームへのログインパスワード。
生きた人間にうりふたつのフィギュア。

こ、これは、SFホラー!? 青春ファンタジー!? サイコスリラー!?

日常のすぐとなり、なんの境い目もなくそこにある、雑多で退廃的な異世界を中心にして、たしかにナニカが起きている。ドキドキしながら、どんどんページをめくってしまいます。

しかし、ヤエが真実を追い求めても、手に入るのはウソかホントかもわからない手がかりばかり。
正体のわからない不安だけが募りつづけ、緊張がピークに達したとき、ヤエもまた自分を見失い、境い目なしの世界に深くのめりこんでいくのです……

「この小さな機械を手に入れたとき、私は、ほんとうの私に、自由な私になれると思った。(中略)それなのに、今、私はそれにがんじがらめに縛られ、自分をコントロールできない」

スマホを手に入れたことによって、友だちの行動に自分の生活が支配されていくヤエの様子には、生々しい怖さがあります。

これは妄想? それとも現実?
境目のない地続きの世界で、「異世界」の側はどちらなのでしょう……?

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

ラスメイトのミリと意気投合したヤエは、母の反対を押し切ってスマホを手に入れLINE友だちになる。しかし、そのうちミリが学校を休むようになり、憧れの男子コウまでも休みがちに……。何かがおかしい……ミリも、コウも、どこへ行ってしまったの? そんな折、街でコウを見かけ後を追ったヤエが飛び込んだ建物は、フィギュアだらけの店がゴチャゴチャの並んだ異空間のようなところだった──。
スマホやゲームなど、バーチャル世界が膨らむ現代に、熱に浮かされたような10代の焦りや不安とたった一人で格闘する少女の内面を描く。国際アンデルセン賞受賞作家による書き下ろし長編作品。


◆編集者コメント◆


昨日と同じに生きているつもりが、いつの間にか違う世界に取り込まれているかもしれない。境い目なしに異界が口をあけているかもしれない。だれもが通り抜ける10代の不安と葛藤を正面から描き、そのただ中にいる世代にとエールを送る1冊です。

ベストレビュー

思春期と社会情勢と

あとがきから読んで

角野さんの実体験

思春期の時期について
が書いてあって
文中から、引用させていただきます

こんな時期の二人の少女と、一人の少年が登場する。そこに小さな機械がとげのようにつきささってくる。仲良くなるツールのはずだった。正直になれるツールのはずだった。それが・・・

へぇ〜何だろう…

角野さんの作品ですし
題名からも、ワクワクしながら読んだんです
読み始めたら
止まらなくなって(こういう感覚も久しぶり!)

文章が上手いというか
それにプラスして
怖いもの見たさというか

心がザワザワする

そんな感じです
ストンと落ちないんです

「なるほどな〜」
とか
「よかった」
ではないんです

角野さんがこういう作品を書くんだぁ・・・とか
読後も、困っちゃって
寝る前に読むんじゃなかった・・・(笑

う〜〜〜ん
未だにガラ携のおばさんにはわからない
「スマホ」の世界
ひとつの通信手段に過ぎないはずなのに
余りに機能が凄すぎて
人間関係や生活の仕方、身体的にも
影響が出ているみたいな情報もあって、幾年月・・・

このツールに大人になって出逢うのと
小さい時からあるのと
思春期に出逢うのとでは
何かが違うような

思春期の
友達関係
友達に対する気持ち
異性に対する気持ち
「危ない」未知のものに惹かれる気持ち
親に対する反発な気持ち
そして、自分って・・・
そんな見えない、「気持ち」なのかな・・・
考え?何だろう・・・
どろどろな感覚的な思春期独特な感じ
と、この子どもを取り巻く社会情勢

結局は、大人かな・・・

と、おばさんな私には刺激が強すぎました(笑
YA作品のようです
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


角野 栄子さんのその他の作品

ねこになっちゃった 角野栄子のアコちゃん絵本 / おばけのアッチ おもっちでおめでとう / かがみとチコリ / 「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出 / ちびねこチョビ / 角野栄子 エブリデイマジック



【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

境い目なしの世界

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット