宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
あめといっしょに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あめといっしょに

  • 絵本
作: 田仲 由佳
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年09月30日
ISBN: 9784752008989

3歳から
32ページ 24cm×19cm

出版社からの紹介

るうちゃんが外で遊んでいると雨が降ってきました。すると、やってきたクマが「雨と一緒に遊ぼうよ」。雨と一緒に遊ぶ方法とは?

雨の日は、外で遊べないので、子どもにとっては面白くないものです。
けれど、面白くない・いやだと思うものでも、見方を変えると楽しくなったり良いものに変わったりします。
嫌なものごとにあった時、その気持ちはいったん受け止めつつ、「考え方を変えてみるという手もあるよ」ということを伝えます。

ベストレビュー

雨の日も楽しめますね♪

なんか、どこかで見たことあるような・・・
でも、知らない方だなぁ・・・

ちょっと季節はずれではありましたが
あかずきんちゃんのような
るうちゃんが
あまやどり

草花遊びをしていたんだね
シロツメくさかな?

原っぱの草花が身近な草花のところがいいです!

雨がやむように
考えます

次々にくる動物たちとの
やりとりもおもしろいです

遊びを考えたり
あ〜あ、くまさんったら〜(笑

いやだなぁ〜と考えるより
その場面を楽しむか
考え方の切り替えを教えてくれます

雨がやんだら、また違う遊びを
考えちゃったようです

いいですねぇ

るうちゃんと一緒の小鳥2羽も
なんか、かわいいです

あら!
宮城県の生まれの保育士さんですって!!
応援しましょ♪

絵本をとじたら、 あら、また素敵なアイディア♪
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


田仲 由佳さんのその他の作品

あんちゃんのよだれかけ / 紙芝居 はじめての はなさかじいさん



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

あめといっしょに

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット