まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
くじらじゃくし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くじらじゃくし

  • 児童書
著: 安田 夏菜 中西 らつ子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

ISBN: 9784061957824

小学中級以上対象
130ページ

出版社からの紹介

【小学中級以上対象】むかしむかし、大阪の米問屋さんに、かわいいおじょうさまがお生まれになりました。だんなさまは、あまりにいとしいわが子を、「イトはん、イトはん」と呼んであまやかしほうだい。イトはんがのぞめば、好きなものを好きなときに食べたり飲んだりさせているうち、スクスクと、いやムクムクと大きくなられて、ちょっと、いや、かなり力もちのおじょうさまに成長されたのでした。
このイトはん、「だれも飼っていないペットがほしい」と言いだしました。だんなさまは、頭をかかえることしきり。言いだしたら聞かず、願いがかなわなければ、だれかれかまわず、すもうを取って、張り手であいてを遠くまで飛ばしてしまうイトはんだから、なんとしてでもめずらしいペットを見つけなければ命にかかわります……。
そこでだんなさんが“ペットさがし”を押しつけたのが、問屋で丁稚としてはたらいている小僧の定吉。いなか育ちで動物になれているというだけで白羽の矢が立った定吉は、途方にくれて池のほとりまで歩いてきましたが、そこで出会ったのは、一ぴきのおたまじゃくしだったのです――。

講談社児童文学新人賞出身作家がおくる、落語風の創作童話をお楽しみください!

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安田 夏菜さんのその他の作品

むこう岸 / なんでやねーん! / レイさんといた夏 / ケロニャンヌ / あの日とおなじ空



SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

くじらじゃくし

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット