話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
紙芝居 うみからきたおとこのこ

紙芝居 うみからきたおとこのこ

再話・絵: 堀内 誠一
脚本: 堀内 紅子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥3,740

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年10月01日
ISBN: 9784494080922

4・5歳〜
B4判/サイズ:26.5×38.2cm
頁数:20場面

出版社からの紹介

海で大嵐に会い、行方知れずとなっていた、ひとりぼっちの貧乏な鍛冶屋。しばらくして無事戻ってきた鍛冶屋を村の人々は不思議に思います。ある日、嵐の時に鍛冶屋を助けた人魚と鍛冶屋の子だという、男の子・オラフが訪ねてきます。
ほんの幾日で大きく立派な若者になったオラフは、父の元から旅立ちます。
地主の元で働くようになり、大変な仕事でもかるがるとこなすオラフに、地主は悪魔に貸した金を返してもらってくるよう頼みますが……。

絵本作家・アートディレクター堀内誠一の遺した未発表の原画を元にした紙芝居。

原作は「人魚ひめ」を書いたアンデルセンの母国でもあるデンマークの民話。
主人公の、人間と人魚の子オラフが、人の役に立とうと世に出て成長していく物語でもあり、また悪魔と対決する冒険物語でもあります。
人魚伝説を下地に、不思議さと神秘性、そしてゾクゾクするような怖さもあわせもった、観る者を夢中にさせる紙芝居です。

◆インタビュー 紙芝居『うみからきたおとこのこ』堀内紅子さん・堀内花子さん

ベストレビュー

人魚の子

かじやと人魚の間に生まれた男の子が主人公のお話です。
かなり都合の良いお話ではありますが、デンマークの民話を基にしたとあれば、アンデルセン童話やら、グリム童話やらの香りがして面白く感じました。
海の底では竜宮城のような世界があったのでしょうか。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おしょうがつバス
    おしょうがつバス
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    だれが一番に初日の出をみるか、眺めのいい丘まで、干支の動物たちが競争です。除夜の鐘を合図に、しゅっぱ

堀内 誠一さんのその他の作品

どうぶつしんぶん / きこりとおおかみ / てんのくぎをうちにいったはりっこ / いかだは ぴしゃぴしゃ / ふくろにいれられたおとこのこ / てがみのえほん

堀内 紅子さんのその他の作品

わたしの世界一ひどいパパ / さかさま川の水(1) トメック / さかさま川の水(2) ハンナ / 福音館文庫 ソーグのひと夏 オリヴィエ少年の物語 3 / 福音館文庫三つのミント・キャンディー オリヴィエ少年の物語 2 / 福音館文庫 ラバ通りの人びと オリヴィエ少年の物語 1


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > 紙芝居 うみからきたおとこのこ

食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

紙芝居 うみからきたおとこのこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

パパの声 1人

パパの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット