新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
かもさんおとおり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かもさんおとおり

  • 絵本
作・絵: ロバート・マックロスキー
訳: 渡辺 茂男
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1965年05月
ISBN: 9784834000412

読んであげるなら・5・6才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

おはなし

巣を作る場所を探してボストン上空を飛んでいた、かものマラードさんとマラードおくさん。チャールズ川の中洲が気に入り、水辺の茂みに巣を作りました。
巣に産んだたまごから8羽のひなが生まれ、マラードおくさんの子育てがはじまります。
ひなが大きくなると、ボストンの公園の池に移り住むことに。
チャールズ川から公園の池まで、仲良しのおまわりさんの助けも借りて、マラードおくさんと8羽のひなたちが大行進です。

出版社からの紹介

かもの一家が、川から公園へ引越しです。かもたちは1列になって町の中を歩き出しました。さあ、たいへん!おまわりさんは自動車をとめて交通整理。パトカーまで出動です。

ベストレビュー

65歳!

十数年前、マラードさん一家が引っ越しをしたボストンの公園に行ったことがあります。白鳥のボートが浮かんでいて、絵本の通りでした。また、ドイツのいたときは、こういったかもさん親子の行列を何回も目にしました。まさに「かもさんおとおり」でした。でも新聞やニュースで取り上げられることはありません。つまり普通のことなのです。
マラードさん夫婦やこがも達1匹1匹の表情がそれぞれ自己主張していて微笑ましい限りです。アメリカで1941年に出版されていますから、65年間も読み継がれている絵本です。
ハラハラドキドキしたり、嬉しくなったり、ほっとしたりする楽しいお話し、そして絵。大事にしていきたいものです。
(こぶた文庫さん 50代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロバート・マックロスキーさんのその他の作品

あたまをなくしたおとこ / ジョニーのかたやきパン / 岩波少年文庫 ゆかいなホーマーくん / ハーモニカのめいじん レンティル / 沖釣り漁師のバート・ダウじいさん / サリーのこけももつみ

渡辺 茂男さんのその他の作品

しゅっぱつしんこう / ダンプのがらっぱち / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ひみつの塔の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ダイヤの館の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ くらやみ城の冒険 / もくたんじどうしゃもくべえ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > かもさんおとおり

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

かもさんおとおり

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.66

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット