宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
かおかおばあ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かおかおばあ

  • 絵本
作: 山口 真美
実験監修: 金沢 創
絵: ミスミヨシコ
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥980 +税

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年11月14日
ISBN: 9784041070321

0歳から
180×180mm

出版社からの紹介

\あかちゃんは顔が大好き! 0歳0ヶ月から読める、あかちゃんのための絵本/

コントラストの強い白と黒の目、口の配置で、生まれてすぐからあかちゃんは顔を認識します。
あかちゃんの発達順に構成し、あかちゃんとお母さんの反応を実験して作られた、新感覚の絵本。

==========
生まれた時から、あかちゃんは顔が好き。あかちゃんは顔を探し、顔を眺めて楽しみます。
顔はあかちゃんの興味をひくものでいっぱいです。
幼いあかちゃんでも気づきやすいのが、白と黒のコントラストのはっきりした目。くるくる動く目玉。やがてあかちゃんは、表情に気づきます。ニコニコと笑った楽しい顔と、驚いた顔や困った顔。あかちゃんは顔から、お母さんとのつながりを学習していくのです。
この絵本はあかちゃんの大好きな顔を、あかちゃんの見える絵や色で描いています。この絵本であかちゃん世界を知り、あかちゃんの成長を楽しんでみてください。
 ――山口真美 中央大学文学部心理学研究室教授/日本赤ちゃん学会事務局長
==========
絵本の読み聞かせ実験の中で「この本は親子のコミュニケーションに役立っている!」と強く感じられる瞬間が何度もありました。見つめる、発話する、笑う、指さす。この絵本には、こうした行動をあかちゃんから引き出す力があります。それはこの本が、あかちゃん世界にあわせたデザインになっているからです。
 ――金沢創 日本女子大学人間社会学部心理学科教授
==========

かおかおばあ

かおかおばあ

ベストレビュー

顔覚えてくれるかなあ・・・・・

あかちゃん絵本です。全ページ試し読みで読みました。

今、もうすぐ3カ月になる孫がいますが、試したくなる絵本です。

顔・顔・顔がいっぱい出てきます。(笑)

擬音語もいっぱいで、色彩も黒から黄色に変わったり、色彩も

鮮やかで、変化も楽しめます。

顔覚えてくれるかなあ・・・・・・・

月令でも違う変化がみれると思うから、楽しみに読んであげようと

思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山口 真美さんのその他の作品

自分の顔が好きですか? 「顔」の心理学 / 赤ちゃんに学ぶ「個性」はどこから来たのか / 赤ちゃんは顔をよむ (角川ソフィア文庫) / 赤ちゃんは顔をよむ

ミスミヨシコさんのその他の作品

ねがえり ごろん / はいはい あかちゃん / おとうさん! おとうさん! / 紙芝居 ちゅーとちょーのくだものさがし / わるいことがしたい! / 紙芝居 おかあさん どこ?



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

かおかおばあ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット