虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
あらいぐまのせんたくもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あらいぐまのせんたくもの

  • 児童書
作: 大久保 雨咲
絵: 相野谷 由起
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年11月01日
ISBN: 9784494020645

小学校低学年から
A5変型判/サイズ:20.1×15.1cm 79頁

みどころ

「ぼくの ハンカチも、いっしょに あらってほしいの」

はじめてやってきたコインランドリーで、おばあさんは1ぴきの子どものあらいぐまと出会い、こんなお願いをされます。悲しいことがあるたびにハンカチで涙をふいていたら「かなシミ」というシミがとれなくなったというのです。おばあさんはハンカチを洗ってあげる間、あらいぐまの話にゆっくり耳を傾けます。

あらいぐまの「かなシミ」のひとつは、仲良しのきつねとケンカをしてしまったことでした。ケンカの原因はちょっとしたすれ違いです。きっと、読む子どもたちも、似たような出来事を思い出してドキっとする場面ではないでしょうか。

「それは もう……、きつねに あうしかないねえ」
「いままで、まい日あそんでいたなら、きつねも いまごろ、さみしいだろうね。」

なるほど、おばあさんがあらいぐまにかける言葉のひと言ひと言に、すっかり大人になった私でさえも、じっくりと聞き入ってしまいました。

お話の中で強く印象に残るのは、「かなシミ」という言葉。そうか、かなしみの気持ちは、心にぽつっとできた「シミ」のようなものなのかもしれないな、とストンと納得したのです。もし、心に「シミ」ができて自分では消すことができなくなってしまったら……。そんな時にはあらいぐまのように、勇気を出してだれかに打ち明けてみたら、パッと気持ちが晴れるかもしれません。だれかのひと言が、固まっていた考えを魔法のように変えてくれることが、きっとあるのです。

お話を通して、あらいぐまの表情や仕草がとっても愛らしいのも大きな魅力です。 個人的なお気に入りは、 「おばあさん、あのね……」と言う時に必ずおばあさんにちょこっと手を伸ばす場面! そんな愛らしいあらいぐまの様子を中心にすべてのページに絵がついているので、絵本から読み物への移行期にも無理なく読めるでしょう。小学1、2年生の子どもたちにおすすめのお話です。

小さなモノたちや動物たちの気持ちを温かく、時にユーモラスにすくい上げる筆致が魅力的な大久保雨咲さんによる、おばあさんとあらいぐまの心の交流が丁寧に描かれた優しい絵童話。一見、あらいぐまだけが助けられたようで、実はおばあさんもあらいぐまから受け取ったものがあるのでは? というあたりにも思いを巡らせてみると、誰かと出会うことの喜びがより温かく迫ってくるようです。


(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

おばあさんはコインランドリーにやってきました。するとそこには1匹のあらいぐまがいました。「ぼくのハンカチもいっしょにあらってほしいの」。あらいぐまのハンカチには「かなシミ」がしみこんでいました。

ベストレビュー

「かなシミ」が取れて、よかった!!

あらいぐま・・・洗濯物・・・コインランドリー

「かなシミ」のシミがあるんですって!!

ちょっと、理屈先行な気もしないではないけど(笑
かわいらしいあらいぐまと
コンランドリー初!体験のおばあさんの
交流です

交流というか
おばあさんのカウンセリングかもしれません

「おばあさん、あのね・・・」から
始まる人生相談!!
あらいぐまからしたら
本当に、本当に辛い出来事なのでしょう・・・
って、想像すると

これって、子ども誰でも
経験していること

それに対してのおばあさんの
対応がとっても素敵なんです

説教くさくなくて
「こうしたら」なんて野暮なことは言わない
考え方が逆だったり
俯瞰していたり

あらいぐまの話をまずは
よ〜く聞いてあげて

これは、親子で一緒に読むと
大人の方が
「はっ!!」と気づかされることが
あるかもしれませんよ

本を閉じると
約束を守ったやさしいあらいぐまからの
プレゼントが描かれています

幼年童話、絵本から読み物、児童書への
移行期にぴったりの作品だと思います
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大久保 雨咲さんのその他の作品

うっかりの玉 / ドアのノブさん / ずっとまっていると

相野谷 由起さんのその他の作品

紙芝居 たいふうがやってきた! / ポカポカスープ / 紙芝居 ぼく、まだねむいんだ / うさぎのさとうくん こうちゃのうみ / ぷちぷちまめこ / 紙芝居 いいものなんだ?


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > あらいぐまのせんたくもの

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

あらいぐまのせんたくもの

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット