お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい
企画・原案: 加藤 信巳 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
電子マネー時代だからこそ、身につけたい金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
わたしのわごむはわたさない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしのわごむはわたさない

  • 絵本
作: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年11月08日
ISBN: 9784569789002

3〜4歳から
B5判変型上製/48ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「あ。」

見つけたのは、わごむ。
ゴミ箱の脇に落ちていた、わごむ。

お母さんに「ちょうだい」って聞いたら「ドーゾ」だって。
やった!このわごむは、わたしのだ!!
わたしの好きにしていいの?
すごくない?

女の子が手にしたのは、どこにでもある、何の変哲もない普通の「わごむ」。色だって、よくある「茶色」。だけどこれは、お兄ちゃんのおさがりでもなく、みんなで使うものでもなく、貸してもらうものでもない。正真正銘、彼女のもの。

うん、ちょっとわかる。
だけど、彼女の溺愛ぶりといったら。
「わごむ」への期待度の高さといったら。
……かなり笑えます。

「わたしの わごむは わたさない。」

この強い意志こそ、子どもらしくて可愛らしい。
そうそう、たとえどれだけお金を積まれたってね。
あれ。私もこのわごむ、欲しくなってきたぞ。

作品を出すたびに、固くなった大人の脳みそや、当たり前だと思っていた価値観を揺さぶってくれるヨシタケシンスケさん。今度のテーマは「モノの価値観」。誰にだって自分だけの宝物ってあったはず。この絵本を読みながら思い出してみるのもいいし、子どもたちの宝箱をそっと観察してみるのも面白い。きっと思いもよらないものがあるはずで……。

やっぱり今回も少しだけ世界を広げてくれるヨシタケさん。最後の終わり方も最高です。


(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

わたしのわごむはわたさない

わたしのわごむはわたさない

出版社からの紹介

ゴミ箱の横にわごむが落ちていた。お母さんに「ちょうだい」って聞いたら「いいよ」だって。やった! このわごむは、わたしのだ!!
わたしはずっとほしかったの。お兄ちゃんのおさがりでもない、みんなで仲良く使うものでもない、ちょっとだけかしてもらうものでもない、わたしだけのものが。
今日はわごむといっしょにお風呂に入るし、夜はもちろんいっしょに寝るわ。そして、大人になったら、このわごむでおしゃれを楽しむつもり。この先わたしがもらうたくさんのラブレターも、このわごむで束ねるの。世界中の悪い人をこのわごむで捕まえてもいいわ。それに、宇宙人がきたらこのわごむでやっつけて地球を救うわ。
この本を読んだら、きっとあなたもわごむがほしくなる!? ヨシタケシンスケのユーモア絵本。

ベストレビュー

輪ゴムをこよなく愛する娘に読みました。

この輪ゴムはわたしがもらったの。わたしのものなの。わたしがすきにしていいのよ? すごくない? だれにもあげたりできないわ。だってこれはわたしのたからものなんだもの…。子どもの気持ちを代弁し、言葉もまるで子供が言っているかのようなヨシタケシンスケのユーモア絵本、大人から見たらただの輪ゴム。子どもにとっては大切な大切な宝物!我が家の子どもの共感度が高く、夢中で読みたがる絵本です。

(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヨシタケシンスケさんのその他の作品

レッツはおなか / シートン ショートセレクション 森の物語 / チェスタトン ショートセレクション ブラウン神父 呪いの書 / トイレで読む、トイレのためのトイレ小説 ふた巻きめ / もしものせかい / エーメショートセレクション 壁抜け男


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > わたしのわごむはわたさない

世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

わたしのわごむはわたさない

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット