まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
フォックスさんの にわ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フォックスさんの にわ

  • 絵本
作: ブライアン・リーズ
訳: せなあいこ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年10月
ISBN: 9784566080546

縦210mm 横255mm 厚さ10mm 40ページ

出版社からの紹介

フォックスさんと犬は離れたことがない。いっしょに遊び、おやつを食べ、同じ音楽を楽しんで、冒険にも出かける。とりわけ好きなのは、いっしょに庭仕事をすること。でもある日、思いもしない悲しいことが起きて……フォックスさんは庭をめちゃくちゃにたたきこわしてしまった。豊かな土地はそれでも何かを育まずにはいない。喪失、再生、癒し、そして自然の力を描く、心打つ絵本。2019年のコールデコット賞オナーブック(次点作)。

ベストレビュー

ペットレスの日々

最愛の「家族」を失った悲しみは、また新しい「家族」
を迎え入れることでしか癒されないのでしょうね。
フォックスさんのペットレスの日々が象徴的に描かれていて
胸を打ちます。
荒れ果てた庭に出てきたカボチャにも感動しました。
庭に埋めた生ゴミから勝手に芽を出す、カボチャやジャガイモ
の生命力には驚かされます。
そのカボチャが、フォックスさんの空洞を埋めてくれましたね。
余韻の残るラストシーンが、とても素敵でした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ブライアン・リーズさんのその他の作品

クマさんのいえへいかなくちゃ! / よくばりなカササギ / コウモリとしょかんへいく / コウモリうみへいく

せなあいこさんのその他の作品

まほうのさんぽみち / あおい ちきゅうの いちにち ―うみ― / あおい ちきゅうの いちにち―ジャングル― /  あおい ちきゅうの いちにち -なんきょく- / あおい ちきゅうの いちにち -サバンナ- / たった ひとつの ドングリが ーすべてのいのちをつなぐー



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

フォックスさんの にわ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット