新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
どんぐりと山猫

どんぐりと山猫

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 佐藤 国男
出版社: 子どもの未来社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年02月10日
ISBN: 9784901330756

小学中学年
218mm×286mm 32ページ

出版社からの紹介

「あした、めんどうなさいばんしますからおいでんなさい」 ある土曜日の夕方、一郎のところへとどいた変なハガキ。だれがいちばんえらいのか、どんぐりたちの訴えに困った山猫はその判決を一郎に託すが・・・。宮沢賢治の名作を、独特なタッチで生きいきと描く。美しい木目に懐かしい自然の風景が浮かび上がる。賢治の物語に自然の息吹を吹き込む佐藤国男のオールカラー版画絵本。

ベストレビュー

版画絵本の説得力

この宮沢賢治の童話は、とっても不思議なお話です。
一郎が1枚の怪しげな葉書に誘われて山猫を訪ねて行くのですが、途中で道を聞いても、その通り行かないのは何故でしょう?
馬車別当とのやり取りもチグハグならば、一郎が下した判決も意味不明です。
それらを引っくるめても、とても魅力あるお話なのは、佐藤国男さんの版画の説得力によるのでしょうか。
力強い線が、お話に感じた疑問を打ち消してしまいました。
むしろこの不思議さが、このお話の魅力かも知れません。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

宮沢 賢治さんのその他の作品

鳥箱先生とフゥねずみ / ポラーノの広場 / 春と修羅 / 雨ニモマケズ / 十力の金剛石 / 注文の多い料理店

佐藤 国男さんのその他の作品

版画絵本 宮沢賢治 よだかの星 / 注文の多い料理店 / 宮沢賢治版画絵本 1 セロ弾きのゴーシュ / すてごろうのひろったもの / じゅんぺいと不思議の石又 / したてやのプンブルばあさん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > どんぐりと山猫

今月の新刊&オススメ絵本情報

どんぐりと山猫

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット