新刊
いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット

いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット(童心社)

日本一の絵本『いないいないばあ』からかわいい指人形付のギフトセットが登場!

  • かわいい
  • ギフト
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
この海を越えれば、わたしは

この海を越えれば、わたしは

  • 児童書
作: ローレン・ウォーク
訳: 中井 はるの 中井川 玲子
出版社: さ・え・ら書房

本体価格: ¥1,800 +税

「この海を越えれば、わたしは」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年11月05日
ISBN: 9784378015279

中学以上
384ページ

出版社からの紹介

ペニキース島―かつてハンセン病患者の療養所があった島。
わたしが生まれたところかもしれない島。

生まれてすぐに海へ流された少女、クロウ。
ペニキース島で燃える火を見つけた、十二歳のその日、自分がどこから来たのか、なぜ流されたのか、突きとめるときがきたのだと決心した。
母親から残された謎の手紙と、ルビーの指輪の意味は、両親は、兄は、そして自分はだれなのか、手がかりをもとめて、クロウは海を越える。
たとえそれが、どんなにつらいことだとしても、知らずにはいられなかった……

『その年、わたしは嘘をおぼえた』の著者がおくる、せつなく、勇敢な、“ 自分さがし” の冒険ストーリー。2018年スコット・オデール賞受賞作。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

中井 はるのさんのその他の作品

バッドガイズ(1) / グレッグのダメ日記 なんとかなるさ / ディズニームービーブック ソウルフル・ワールド / 子どもを守る言葉「同意」って何? YES、NOは自分が決める! / ねむねむさんがやってくる 眠りが訪れる話 / ロウリーのいい子日記 親友グレッグの伝記

中井川 玲子 さんのその他の作品

音でたのしむクラシックバレエ / チャイコフスキーの眠れる森の美女 / 美女と野獣 / チャイコフスキーのくるみ割り人形 / クラシックおんがくのおやすみえほん / くるみわり人形


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > この海を越えれば、わたしは

今月の新刊&オススメ絵本情報

この海を越えれば、わたしは

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット