新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ
この海を越えれば、わたしは

この海を越えれば、わたしは

  • 児童書
作: ローレン・ウォーク
訳: 中井 はるの 中井川 玲子
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年11月05日
ISBN: 9784378015279

中学以上
384ページ

出版社からの紹介

ペニキース島―かつてハンセン病患者の療養所があった島。
わたしが生まれたところかもしれない島。

生まれてすぐに海へ流された少女、クロウ。
ペニキース島で燃える火を見つけた、十二歳のその日、自分がどこから来たのか、なぜ流されたのか、突きとめるときがきたのだと決心した。
母親から残された謎の手紙と、ルビーの指輪の意味は、両親は、兄は、そして自分はだれなのか、手がかりをもとめて、クロウは海を越える。
たとえそれが、どんなにつらいことだとしても、知らずにはいられなかった……

『その年、わたしは嘘をおぼえた』の著者がおくる、せつなく、勇敢な、“ 自分さがし” の冒険ストーリー。2018年スコット・オデール賞受賞作。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • アリのメアリ
    アリのメアリ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    いわたまいこさんの絵本デビュー作。繊細で美しい切り絵の魅力がいっぱいの、愛らしい絵本。

中井 はるのさんのその他の作品

みんなで おふろ / ロウリーのいい子怪談ばなし / SCIENCE AND ME わたしの科学 ノーベル物理学・化学・生理学医学賞 13人の発見と生きかた / グレッグのダメ日記(16) はじめて、あじわえたよ / ローズ姫と黄金のめがね / ロウリーのいい子アドベンチャー

中井川 玲子 さんのその他の作品

音でたのしむクラシックバレエ / チャイコフスキーの眠れる森の美女 / 美女と野獣 / チャイコフスキーのくるみ割り人形 / クラシックおんがくのおやすみえほん / くるみわり人形


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > この海を越えれば、わたしは

絵本が教えてくれる国際基準の性教育『女の子のからだえほん』

この海を越えれば、わたしは

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット