話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ジャータカものがたり はじめてのともだち

ジャータカものがたり はじめてのともだち

  • 絵本
作: 中川 素子
絵: バーサンスレン・ボロルマー
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年09月19日
ISBN: 9784097250234

小学中学年
32ページ

出版社からの紹介

大切なことをこどもに伝えたい絵本シリーズ

昔むかし、おしゃかさまが、大臣だったときのお話です。
お城の中で王さまに飼われていたぞうのアーナンドは、いつもさみしそうでした。ある日、一匹のやせこけた犬が迷い込んできました。犬は、アーナンドが残したご馳走をガツガツと食べてしまいました。犬は、お城の外の出来事を話してくれます。アーナンドは、やっと元気になったのですが……。

ジャータカ物語とは、おしゃかさまの前世の物語です。おしゃかさまは、前世で動物など様々な生を受け、善行を積んできたから、偉大な仏になったと信じられています。そして、このジャータカ物語は、仏教の教えだけにとどまらず、人間としてのあり方が、寓話性豊かに語られているところから、イソップ、グリムなど世界の説話文学に影響を与えています。

【編集担当からのおすすめ情報】
子どもたちに伝えたい、おしゃかさまのたいせつな教えのひとつを絵本にしました。小さなお子さまから、読み聞かせて欲しい一冊です。

王さまに大事に飼われているぞうと、のら犬の友情物語。ぞうと犬は、全く違う立場ですが、とてもステキな友だちになります。
「友だち」ってどういう存在かを考えさせられます。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 素子さんのその他の作品

スポーツするえほん / かしこいのは だあれ? / ジャータカものがたり あわてんぼうウサギ / アウスラさんのみつあみ道 / 絵本は小さな美術館 / エイラトさんのへんしんのうじょう

バーサンスレン・ボロルマーさんのその他の作品

紙芝居 おばあさんとマンガス / うさぎのみみしばり / 紙芝居 とんまなおおかみと かしこいうま / りゅうおうさまのたからもの / 紙芝居 おかあさんと にっこにこ / トヤのひっこし


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ジャータカものがたり はじめてのともだち

【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

ジャータカものがたり はじめてのともだち

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット