まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
おおにしせんせい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおにしせんせい

  • 絵本
作: 長谷川 義史
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年09月19日
ISBN: 9784065142578

36ページ

出版社からの紹介

一時間目のはじめ、おおにしせんせいが「きょうはいちにち図画工作」といいだした。ふでや、ふであらい、パレットの使い方も、いままでとぜんぜんちがう。そして、さっさと絵をかいて友だちと遊ぼうと思っていたぼくは、先生からの一言で心が動き出し……。
すばらしい先生との大切な出会いは、一生の宝物。著者自身の体験を基に、心を込めて描いた絵本。

ベストレビュー

心が動くとおなかが減るものだ                

最近先生の不祥事が多い。中でも先生の間での「いじめ」事件などただあ然とするばかりだ。
 もちろん、そんな先生ばかりではないことは承知している。仕事でみた場合先生という職業が大変だということもわかる。
 しかし、そういった大変さ以上に子どもたちの成長とともにある喜びは何事にも代えがたいのではないだろうか。

 絵本作家の長谷川義史さんは「子どもの頃から絵ばかり描いていた」という。
 そんな長谷川少年を勇気づけたのは「5、6年生のときの担任の先生との出会い」だと、あるインタビューで答えている。
 「図画工作を通して、「考えて物事に取り組む」ってことを教えてくれた方」で、「写実的にきれいに描きなさいっていうようなやり方じゃなくて、見て感じたものを紙に表現しなさい」と教えられたという。
 そんな先生を描いたのが、この絵本だ。

 長谷川少年の恩師がこの絵本の「おおにしせんせい」のようにいかつい顔だったのかわからないが、長谷川少年が小学生だった昭和40年代にはこんな村田英雄(て書いても知らない人が多いだろうが)風の男の先生がいたもんだ。
 ある時自由に絵を描けといわれて、さぼるつもりで学校の廊下を描いた長谷川少年。
 廊下の感触、廊下の音、廊下の匂い。
 長谷川少年は普段見ていた廊下とまるで違う世界を発見する。
 それは、自分が感じる学校の廊下。
 左右両面に描かれた廊下の絵のすごいこと。

 こんな先生に出会えて、長谷川少年はそれから何年かして長谷川義史になる。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長谷川 義史さんのその他の作品

タヌキのきょうしつ / マンマルさん / かわうそモグ / おいせまいり わんころう / 絵本作家のブルース / おじいちゃんがペンギンやったとき



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

おおにしせんせい

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット