話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
地獄の悪魔アスモデウス

地獄の悪魔アスモデウス

作: ウルフ・スタルク
絵: アンナ・ヘグルンド
訳: 菱木 晃子
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784751518861

小学校低学年〜中学年

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アスモデウスは地獄の支配者、恐ろしい悪魔の息子。生まれて初めて人間界にやってきました。スウェーデンの人気コンビの最新作……

ベストレビュー

心やさしい悪魔

悪魔の国になじめないアスモデウス。
悪魔としての適性には欠けるようですが、兄弟の中でも心の優しさでは優等生です。
どうして、怒ったり悪いことをしなければいけないのだろう。

親からすれば困ったことだったのですね。
人間界に出されて人の魂を取ってくるように命じられたのですが、アスモデウスは人間の子どもたちにさえいじめられてしまいます。
意味のない魔法をかけてみたり、パン屋さんに助けられて天使だと勘違いしたり、とんちんかんを繰り返すうちに、不治の病の弟を助けるためならば魂を渡しても良いという少女に巡り合いました。
魂をもらいうけるためと弟を治してあげたアスモデウスでしたが、悪魔は良いことをしてはいけなかったのです。

悪魔の世界では困りもののアスモデウス。
少女を人間界に返す時の、アスモデウスが少女を思う気持ちが素敵です。
これからが楽しみになるような終わり方ですが、続編はないのでしょうか?
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウルフ・スタルクさんのその他の作品

おじいちゃんとの最後の旅 / トゥルビンとメルクリンの不思議な旅 / パーシーの魔法の運動ぐつ / パーシーとアラビアの王子さま / パーシーと気むずかし屋のカウボーイ / ミラクル・ボーイ

アンナ・ヘグルンドさんのその他の作品

ぼくはジャガーだ / 聖ヨーランの伝説 / ふたり ミーナ、中国へ / 黒いバイオリン / かきねのむこうはアフリカ / ふたり ミーナの家出

菱木 晃子さんのその他の作品

ロサリンドの庭 / 名探偵カッレ 危険な夏の島 / 名探偵カッレ 地主館の罠 / ライオンとタカとアリになった男の子 ノルウェーのむかしばなし / 名探偵カッレ 城跡の謎 / ピッピ南の島へ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > 地獄の悪魔アスモデウス

『とびだすえほん たべるのだあれ?』すぎはらけいたろうさんインタビュー

地獄の悪魔アスモデウス

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 4
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット