話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
フラミンゴボーイ

フラミンゴボーイ

  • 児童書
著: マイケル・モーパーゴ
訳: 杉田 七重
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年10月23日
ISBN: 9784092906273

高校
304ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

歴史のひとこまを力強く描く感動作品

一人のイギリス青年が、一枚のゴッホの絵をきっかけに訪れた南仏カマルグで、原因不明の高熱におそわれ動けなくなる。辺りにはフラミンゴが無数飛んでいた。気を失った後、助けられた家で不思議な話を聞くことになる。
第2次世界大戦の末期、南仏の田舎町カマルグにもナチスはやってきた。
そこで何が起きたのか………?
それは、フラミンゴと話ができる不思議な力を持つ少年とロマの少女の物語だった。




【編集担当からのおすすめ情報】
『戦火の馬』など、数々の児童文学書賞を受賞しているマイケルモーパーゴの新作長編。モーパーゴは、現代英国児童文学を代表する作家として、2018年に勲章を授けられている。
戦争をテーマに多くの作品を執筆。
本作品は、フランスの南部、フラミンゴの生息地カマルグが舞台となっている。ナチスが侵攻してきたフランスで、何が起きたのか・・・。フラミンゴを愛する少年とロマの少女の物語。

ベストレビュー

発達障害児と多くの奇跡

モーパーゴの作品は、片端から読破してきた私ですが、この作品はヒューマニズムに包まれていながら、疑問の多い作品で戸惑いを覚えました。
ドイツ兵ブレンナーはどうして、発達障害児のロレンゾを擁護し、ジプシーのケジア家族の力になろうとしたのでしょうか。しかも、間もなくアメリカ軍がやってきて戦争が終わるなどと敵国贔屓ができるのでしょうか。
障害者、ユダヤ人は駆除すべきだと、ナチスは狂気に満ちた行為を行い続けたのに。しかも、彼は指導的立場にいるのです。
明らかに自国の政策、思想に反逆しているこの男を中心に、物語は大きくかじ取りされます。
半信半疑ではありながら、モーパーゴは、読者を感動の渦に巻き込みます。
フラミンゴの群れが生息するという南仏の大自然を舞台にした、信じられない物語ではありました。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ

マイケル・モーパーゴさんのその他の作品

アーニャは、きっと来る / おじいちゃんが のこしたものは… / たいせつな人へ / トンネルの向こうに / 弱小FCのきせき / 最後のオオカミ

杉田 七重さんのその他の作品

ブラックホールの飼い方 / 角川つばさ文庫 ラプンツェル あたらしい冒険 / 秘密のノート JELLY / モリー、100匹の猫を見つけた保護犬 / グレタのねがい 地球をまもり 未来に生きる / ぼくの帰る場所


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > フラミンゴボーイ

サニーサイドブックス代表 絵本作家・あいはらひろゆきさんインタビュー

フラミンゴボーイ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット