新刊
やっぱり じゃない!

やっぱり じゃない!(フレーベル館)

あの驚きが再び!

  • びっくり
  • 盛り上がる
紙芝居 ひそひそねずみとおばあさん

紙芝居 ひそひそねずみとおばあさん

脚本: 津田 真一
絵: 夏目 尚吾
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

税込価格: ¥2,090

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年12月05日
ISBN: 9784494093199

小学低学年
265mm×382mm 12ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

くらにすみついたねずみたちが、ひそひそちゅうちゅう話しています。その話をこっそり聞いていたのは、その家のおばあさん。ねずみたちによると、おじいさんの病気にはゆのはながきくらしいのです。さっそくゆのはなをのませると、おじいさんはすっかり元気になりました! ある日、またねずみたちが、ひそひそ話をしているのを聞いたおばあさん。村に大変なことがおこるというのです。さあ、大変!!

ベストレビュー

出てくる人たちがみんないい人です。

紙芝居のカバーに日本の昔話と表示されていますが、たぶん創作だと思います。
(何かヒントになる民話がどこかにあったのかもしれませんが)
夏目尚吾さんの絵が昔話の雰囲気に合っていて、見ていて楽しかったです。

出だしのところだけ読んだときは、「かにかにこそこそ」のような、意地悪なおばあさんと優しいおじいさんみたいなはなしなのかと思っていましたが、実は二人とも気のいい優しい人たちでした。
おはなしオチは、ねずみたちのこそこそばなしのおかげで、災害から村を守ることが出来たというものでした。
この作品には悪い人は一人も出てきません。子どもたちはこういうおはなしに出会ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

ストーリー性のある紙芝居なので、12場面あります。長すぎず、短すぎず5,6歳くらいから小学校中学年くらいまで、楽しめそうです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子20歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。

津田 真一さんのその他の作品

紙芝居 ねこの でしになった とら / 梵文和訳 華厳経入法界品 (中) /  紙芝居 ウイルスに まけないぞ! / 紙芝居 うしになった おとこのこ / 紙芝居 ちいさいプールのチャプン / 紙芝居 ひらひら ホッホロ

夏目 尚吾さんのその他の作品

はやとちりからはじまった / 紙芝居 むしさんのめ / 紙芝居 どんぐりのうんどうかい / 紙芝居 かばが おおきなくちを あけるわけ / 紙芝居 とりのす みーつけた! / にこにこぴかぴかハ★ブラッシー


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 紙芝居 ひそひそねずみとおばあさん

えほん新定番 from 好書好日

紙芝居 ひそひそねずみとおばあさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット