話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
小泉八雲東大講義録 日本文学の未来のために

小泉八雲東大講義録 日本文学の未来のために

著: ラフカディオ・ハーン
編集・訳: 池田 雅之
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,080 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年08月23日
ISBN: 9784044004866

400ページ

出版社からの紹介

まだ西洋というものが遠い存在だった明治期、将来、日本の学問や文学を背負って立つ学生たちに深い感銘と新鮮な驚きを与えた、最終講義を含む名講義16篇。生き生きと、懇切丁寧に、しかも異邦の学生たちの想像力に訴えかけるように、文学の価値とおもしろさを説いて聴かせる。ハーン文学を貫く、内なるghostlyな世界観を披歴しながら、魂の交感ともいうべき、一期一会的な緊張感に包まれた奇跡のレクチャー・ライブ。


「 もし、みなさんのうちで心から文学を愛する者がいるなら、この私のささやかな言葉を忘れないようにしていただきたい。そして、みなさんがたとえ毎日十分か十五分しか時間がないにしても、自分自身のことを忙しさのあまりほんのわずかしか勉強できないなどと思わないようにしていただきたいと思うのである。
 それでは、みなさん、さようなら。」
(「日本文学の未来のために――最終講義」より)



第一章 文学の力
   西洋文学における女性像――日本人の克服しがたい難問
   至高の芸術とは何か
   赤裸の詩
   文学と世論
   ロマン主義的なものと文学的保守主義

第二章 文学における超自然的なもの
   文学における超自然的なものの価値
   詩歌の中の樹の精
   妖精文学と迷信

第三章 生活の中の文学
   生活と文学の関係
   読書について
   文章作法の心得

第四章 ロマン主義の魂――日本文学の未来のために
   シェイクスピアの再発見
   イギリス最初の神秘家ブレイク
   自然詩人ワーズワス
   コールリッジ――超自然の美学
   日本文学の未来のために――最終講義

解説――語り部のかたりなす文学講義

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ラフカディオ・ハーンさんのその他の作品

百年文庫(31) 灯 / 耳なし芳一/雪女 八雲怪談傑作集 新装版 / CD付耳なし芳一・雪女 / ポプラポケット文庫 怪談 / 新編 日本の怪談 / 岩波少年文庫 雪女 夏の日の夢

池田 雅之さんのその他の作品

熊野から読み解く記紀神話〜日本書紀一三〇〇年紀〜


絵本ナビホーム > 一般 > 文庫 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 小泉八雲東大講義録 日本文学の未来のために

1月の新刊&オススメ絵本情報

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット